ベルギーのおすすめの街、ゲントについて
GENT
ゲント
中世ファンタジーの世界へ
ブルージュを「”3びきのこぶた”の絵本に出てくるような街並み」と表現するなら、ゲントは「騎士と魔法のファンタジーの世界」。車の侵入が禁じられた中央広場に建つ鐘楼に登れば、中世そのままの街並みが目の前に広がります。

街じゅうを覆う石畳の道を歩けば、ステーン(石)城と呼ばれるフランドル伯のかつての居城が。街の中心部に、こんなに大きな湖に囲まれた古城があることに驚かされます。お城の中を自由に探索すれば、昔の騎士達が見たゲントの景色に出会えます。

ゲントはまた、総合大学であるゲント大学を有する学生街の一面を持っています。そのため、学生たちで賑わうおしゃれで手頃なカフェやレストランも多く、ゆっくりをカフェで休憩しながら学生同士のおしゃべりに耳を傾けていると、まるでこの街で暮らしているかのような錯覚に陥ります。ディナーのレストランにも困りません。春にはお花のイベント、夏はGent Feestenという音楽のフェス、そして冬にはクリスマスマーケットなど、季節ごとのイベントもいっぱいです。

最後に、ゲントは都市としてはかなり大きく、歩いてすぐ回れるブルージュルーヴェンとは違い、徒歩とバス・トラムを使い分けることがおすすめです。