ルクセンブルグへの行き方 国外へ移動

ブリュッセルからルクセンブルクへの行き方

ブリュッセルからルクセンブルグへの行き方

近いおとなりの国、ルクセンブルグに行こう

ベルギーのブリュッセルとルクセンブルグは、鉄道で3時間20分。ベルギーから最も行きやすい近隣国の一つです。自分で鉄道で行く方法と、ブリュッセル発の日帰りバスツアーを利用して行く方法があります。

鉄道で行く

ブリュッセルからルクセンブルグは、ICという高速列車で約3時間20分。直行電車のため、乗換もありません。(*ゲントやブルージュから行く場合は、ブリュッセル駅での乗り換えが必要です)。朝早く(6時〜)から夜遅く(ブリュッセル23時台着まで)まで運行しているため、日帰りでもルクセンブルグの見どころはほとんど網羅できます。

説明
列車の名前IC(アイシー。Intercitiesという快速電車の略)
乗車駅ブリュッセル北駅、中央駅、南駅(どこから乗っても料金は同じです)
降車駅ルクセンブルグ駅(Luxembourg Station)
*同じ名前の駅がブリュッセル市内にもありまぎらわしいため、駅名の後に国名の略称である(L)、(Lu)、(Lux)などとともに表示されることが多いです。カタカナでは「リュクサンブール」とも。
乗り換え直行のため不要
所要時間約3時間20分
運行スケジュール1時間に1本(朝6時台から20時台まで毎時間)
自由席(予約不要)
料金片道約24ユーロ(大人・2等車両の場合)。12歳以下は大人と同伴の場合無料になります。
チケット購入方法事前予約は不要です。ベルギー国鉄駅のカウンターまたは券売機で「ルクセンブルグまで」を選択して購入します。チケットには乗車時間の指定がなく、時間を選ぶ必要もありません。
券売機での鉄道チケットの買い方
ブリュッセル中央駅での鉄道チケットの買い方
列車の乗り方乗車時の手続きはありません。ホームで電車を待ちそのまま乗ります。車内で乗車券のチェックがあります
ベルギー 電車の乗り方
入国審査についてベルギーとルクセンブルグ間は行き来する人が多いため、いろいろな手続きが簡略化されています。その一つとして、入国審査がありません。そのため、パスポートにも入国スタンプは残りません。もしルクセンブルグに来た印が欲しい場合、旧市街にあるインフォメーションセンターに行けば、ルクセンブルグ入国スタンプを押してくれます。

電車で行く場合のメリットとデメリット

実際に母娘でベルギーからルクセンブルグに鉄道を使って行ってきました。自分たちで行くメリットは、何と言っても自分の好きに予定を決められることです。ベルギーから日帰りにするのも、ルクセンブルグのホテルをとって数泊するのもあなた次第。朝早く出れば、ルクセンブルグを観光する時間もたっぷり取れます。

くわしいスケジュールや、駅の様子などは下記の旅行記にも掲載しています。

ルクセンブルク日帰り旅行記
おかんと私のベルギー母娘旅行で、ルクセンブルグに日帰りで行った時の旅行記を書きました。ベルギーからは普通の快速電車を使います。移動時間はかかりますが、ルクセンブルグは小さい街なので...

私たちがブリュッセルから行く時は、朝はホテルで早めに朝食を済ませ、だいたいブリュッセル中央駅を07:30に出発するようにしています。これだと、ルクセンブルグにはお昼前に到着するため、現地でゆっくりランチをとることができるのでおすすめです。

ルクセンブルグにお昼ちょうどに着く電車。午後はゆっくり観光に当てられます。

ルクセンブルグにお昼ちょうどに着く電車。午後はゆっくり観光に当てられます。

また、ルクセンブルグで1泊するゆっくりしたスケジュールの場合、通過駅のナミュールで途中下車して、シタデル(城壁)の上から絶景を楽しむこともできます。ナミュールはのんびりしていて、ブリュッセルともルクセンブルグとも違う雰囲気が味わえます。

ルクセンブルグの途中にあるナミュール駅で途中下車も。

ルクセンブルグの途中にあるナミュール駅で途中下車も。

ブリュッセルから電車で行ける街・ナミュールの絶景
ナミュールは二つの川と山に囲まれた場所にあり、昔から地形的に「要塞」として重宝されてきました。古くはシーザー軍との戦いに備えて地元の人が砦を築いた歴史にまで遡ります。平地のブリュッ...

デメリットとしては、ルクセンブルグ中央駅から見所が集中する旧市街までは20分程度歩かなければならないことです。バスやタクシーも多く運行していますが、足の悪い方やたくさん買い物をする予定の方は注意が必要です。

1等車両。座席の幅が広く、カーペット敷きです。

1等車両。座席の幅が広く、カーペット敷きです。

2等車両。日本のようなラッシュが無いため、座席もほぼ見つかります。

2等車両。日本のようなラッシュが無いため、座席もほぼ見つかります。

日帰りバスツアーに参加する(4月〜10月)

ブリュッセル市内のホテルに宿泊されている方には、ホテルまでの送迎がついた便利な日帰りツアーがあります(指定ホテルのみとなります。ホテルの一覧はこちらiconでご確認ください)。

英語のツアーですが、日本語のツアー予約代行サイトで予約や問い合わせができます。何があった時の連絡も全て日本語でできるため、特に英語に不安がある方におすすめのサイトです。

日帰りバスツアーで行く場合のメリットとデメリット

一番のメリットは、ルクセンブルグまでの移動が楽なことです。電車を間違ってしまう心配もありません。また、上記の自分で行く方法とは違い、こちらは観光名所のすぐ近くまでバスで連れて行ってくれるのも便利です。英語ガイドもついているので、効率的に名所を見て回ることができます。もちろん、英語ガイドが不要の方は、ガイドなしの自由散策の時間にしてもOK。

さらに途中に、ベルギー南部(ワロン地方)のディナンに立ち寄ります。個人的に、ディナンは日本にはない断崖に立ち並ぶ美しい街並みが見られるおすすめの都市なので、ベルギーのいろいろな場所に行ってみたい方や、自分ではワロン地方に行く予定がない方には便利なツアーです。

ブリュッセルから電車で行ける街:ディナンのシタデル(城砦)
ブリュッセルから約1時間半で行けるディナンは、ベルギーに来たからには是非とも訪れたい魅力的な街です。ブリュッセルやアントワープとは全く違う、ムーズ川によって自然に造られた、高さ10...

デメリットは、自分で行くよりも料金がやや高くなることと、ルクセンブルグでの自由時間が2.5時間~3時間と限りがあることです。

鉄道往復チケットとホテル宿泊のセットプランを購入する

ルクセンブルグで1泊する場合、「ブリュッセルからルクセンブルグへの鉄道往復チケット」と「ホテル宿泊(1泊)」をまとめて予約することができます。日本のHISがセレクトしたホテルです。

鉄道往復チケットとホテル宿泊のセットプランのメリットとデメリット

  • 全部日本語で予約可能。チケットの買い間違えやホテルの予約トラブルの心配がありません。
  • 料金は、往復の鉄道チケットにルクセンブルグ中心部のホテル代が含まれることを考えるとお得。さらに、Hop-on Hop-offと言われるオープントップの観光バスや、美術館など観光名所へのパスが無料になるなどの特典付き。
  • ホテルはHISが選んだ安全なホテル
  • 電車の座席の等級と、宿泊ホテルを組み合わせて自由に選択可能

ルクセンブルグでは完全に自由行動なので、自分たちのペースで観光することができます。特典を使ってバスでの市内観光や、美術館などの名所をゆっくり回るのも自由。ホテルもすでに予約済みのため、帰りの時間を気にすることなく、ゆっくり夕食を取ることができます。

ルクセンブルグはセレブ向けのレストランが多いことでも有名。

ルクセンブルグはセレブ向けのレストランが多いことでも有名。

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。