国内を移動

券売機での鉄道チケットの買い方

券売機でのチケットの買い方
BELPLUS編集部
書いた人: BELPLUS編集部

ベルギー国鉄の券売機でチケットを買う方法について説明します。ブリュッセル空港発着チケットの他、ブリュッセル〜ブルージュ〜ゲント〜アントワープなどの都市間の移動には鉄道を利用します。

はじめに

ここでは、もっともよく購入される、ブリュッセル空港行きのチケットを買う方法を説明します。(ブリュッセル空港発のチケットも同じ方法で購入できます)*券売機では複数の言語が選択できますが、ここでは言語を「英語」として説明しています。

まず、駅に着いたら券売機を探します。券売機駅はほとんどの場合、目立つところに数台並んでいます。面白いのは、ベルギーの駅には改札がないため、駅のホームに行く通路にも券売機があります。駅の入り口付近になかった場合、どんどん進んで駅のホーム付近まで行ってみてください。

券売機は駅の各所にあります。現金、クレジットカード(Visa, Master, AMEX)が利用可能です。

券売機は駅の各所にあります。現金、クレジットカード(Visa, Master, AMEX)が利用可能です。

ホーム画面

券売機のホーム画面は、以下のようになっています。空港発着チケットはよく購入されるため、右の「ショートカット」一覧に「Airport…」のリンクが既に用意されています。空港行きのチケットを購入する場合は、「Airport…」を押してください。

空港発着チケットは、右中央の「Airport..」から購入できます。

空港発着チケットは、右中央の「Airport..」から購入できます。

(空港行きの場合のみ)クリックすると、さらに3種類の選択肢が出ます。

新規でチケットを購入する場合は、一番下のメニューを選択してください

新規でチケットを購入する場合は、一番下のメニューを選択してください

ここはとてもわかりにくいのですが、2017年現在、ベルギーでは空港発着チケットには特別に「Diabolo料金」が加算されています。空港行きのチケットを新規購入する場合は、一番下の「Diabolo料金を含むチケット」を購入します。
空港行きのチケットを選択すると、「Diabolo料金が加算されます」という案内が表示されます。「OK」を押して消します。

空港行きのチケットを選択すると、「Diabolo料金が加算されます」という案内が表示されます。「OK」を押して消します。

出発駅・到着駅を入力・確認する

次に、出発駅・到着駅を確認します。空港発着チケットの場合は、すでに空港名(Brussel Luchthaven)が入力済みのため、行き先のみを入力します。

出発地、到着地を確認します。

出発駅、到着駅を確認します。

ブリュッセル、ゲント、ブルージュ、アントワープなどの人気都市は、選択画面にショートカットが用意されています。ない場合は、駅名をアルファベットで入力して検索します。

車両の等級、片道か往復か、購入枚数を選択する

出発駅・到着駅の後は、車両の等級(1等または2等)、片道か往復か、そして購入枚数を決定します。

1等と2等の違いについては、「鉄道チケットの種類と買い方」で写真付きで説明しています。

1等車両はここで「First Class」を選択します。

1等車両はここで「First Class」を選択します。

確認画面で確認する

すべて選択すると、最後に下のような確認画面が出るため、支払い手続き前に最終確認ができます。他のチケットをまとめて購入する場合は、下の青いボタンでさらに入力できます。

他のチケットをまとめて購入する場合は、下の青いボタンを選択します。

他のチケットをまとめて購入する場合は、下の青いボタンを選択します。

支払い手続きをする

最後に支払い手続きがあります。券売機にもよりますが、ほとんどの場合、現金またはクレジットカードでの支払いが可能です。

現金かカードのどちらかを選べます。

現金かカードのどちらかを選べます。

印刷されたチケットを受け取る

支払い完了後、印刷されたチケットを受け取ります。

チケットは乗るときは必要ありませんが、車内でチェックがあります。

チケットはお札より大きめのサイズです。乗るときは必要ありませんが、車内でチェックがあります。

ベルギーは、ブリュッセル空港以外は改札が無いため、あとは印刷されたチケットを持って電車に乗るだけです。ブリュッセル空港のみ、改札ゲートに印刷されたチケットのバーコード部分を当てる必要があります。

この記事を書いた人

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者1名の計3名が共同で運営するサイトです。旅行に役立つガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。