国内を移動 国外へ移動

ベルギー 電車の乗り方

ブリュッセル、ゲント、ブルージュの位置関係と電車所要時間マップ

ベルギーの駅には改札がない?!日本と違う電車の乗り方について説明します。気になる1等車と2等車の違いも。

ベルギー都市間の移動や他国への移動で使う鉄道

ベルギー国鉄のマークです

ベルギー国鉄のマークです

ベルギーはヨーロッパの中央に位置するため、フランスやドイツなど近隣の国から鉄道を使って観光に来られる方も多いです。ベルギー国内も、ゲント、ブルージュ、アントワープなどの観光都市はブリュッセルから電車で簡単に行けるため、バスツアーでない限り、滞在中は電車での移動が多くなります。

電車の乗り方やチケットの買い方などが日本とはちょっと違うため、最初のうちは戸惑うことも。そこで、ベルギーでの電車の乗り方について詳しくまとめました。

*このページは、ベルギーの都市間を移動する電車の乗り方について書いています。ブリュッセル市内の移動は、「ブリュッセル メトロ・トラム・バスの乗り方」をごらんください。

ベルギーの駅には改札がない

改札を通らずに乗車!わかっていてもドキドキします。

改札を通らずに乗車!わかっていてもドキドキします。

日本で電車に乗る時のもっとも大きな違いは、ベルギーには駅に改札(入場ゲート)が無いことです。地下鉄のメトロ駅にもありません(ブリュッセル空港駅など、一部改札がある場所もあります)。

そのため、私は初めてのベルギー旅行の時はとても戸惑い、改札を探して駅の中をうろうろさまよいました。改札があるのが常識だと思っていたので、電車に乗ってからも不安で、逮捕されないだろうか?と不安でした。

ベルギーでは、1回限りのチケットでも、定期券でも、改札を通る必要はありません。駅の入り口からそのままホームに行き、目的の電車に乗るだけです。

それでは、どこでチケットをチェックするのか?というと、電車に乗って席に座ってから。制服を来たベルギー国鉄の人が、1つ1つの車両を順番にチェックします。自分の席まで来たら、購入したチケットを見せるだけで大丈夫です。

週末はチケットが半額

これも日本にはないベルギー独特のシステムですが、ベルギー国内の電車移動に限り、なんと週末(正確には金曜日の夜から)の電車料金は半額になります。

例えば、ブリュッセル中央駅からゲントまでの大人往復チケットが、平日は17.8ユーロなのに対して、そのため、週末はたった9ユーロ。週末に移動するほうが料金はかなりお得です。

チケットは新幹線の切符と同じくらいのサイズです。

チケットは新幹線の切符と同じくらいのサイズです。

車内でチケットを買うのは割高

チケット売り場が混雑していた、乗り遅れそうになったなどの理由でチケットなしで電車に乗ることもできます。チケット無しで乗らざるを得ない状況はよくあることなので、巡回の係りの人が来た時に、堂々と「自分はチケットを持っていません。○○駅までのチケットをください」と伝えてください。席で料金を払い、その場で印刷された紙のチケットをもらいます。

ですが、この場合の料金に要注意。車内購入特別料金(On-board Fare)」がなんと7ユーロも加算されます。過去にチケット無しでただ乗り乗車をする人が多くいたため、最近ではこのような高額な追加料金を徴収するようになりました。

券売機での鉄道チケットの買い方
ベルギー国鉄の券売機でチケットを買う方法について説明します。ブリュッセル空港発着チケットの他、ブリュッセル〜ブルージュ〜ゲント〜アントワープなどの都市間の移動には鉄道を利用します。...

1等と2等の違いは?

ベルギーの2等電車

ベルギーの2等電車。車内は清潔で広いです

ベルギーの電車には、特急の優先席やグリーン車のような「1等(ファーストクラス)」と呼ばれる車両があります。車体に大きく「1」「2」と書いてあるので初めて見る方にもわかりやすいです。1等車両は階段やエレベータの近くなど便利な所にあります。どちらも、国内の運行であれば指定席はありません。

それでは、荷物がたくさんある旅行者は1等に乗ったほうがいいのかというと、全くそんなことはありません。1等と2等の差は、実はほとんど無いのです。

1等車両。座席の幅が広く、カーペット敷きです。

1等車両。座席の幅が広く、カーペット敷きです。

2等車両。日本のようなラッシュが無いため、座席もほぼ見つかります。

2等車両。日本のようなラッシュが無いため、座席もほぼ見つかります。

2等であっても、席の近くにスーツケースが置ける十分な広さがありますし、混んでいる時間帯でなければ電車はほぼ座れます。座席も一人一人が個別になった席で、日本の座席と比べて広いため、2等でも快適な旅ができます。網棚などはないため、荷物は自分の膝の上か、空いていれば隣の席に置くようにしてください。

それでは、ベルギーでは1等はどんな場合に使われているのかというと、車内で仕事をするビジネスマンや、1等車両には学生やファミリーがあまり乗っておらず、静かな環境が約束されているため、仕事や読書に集中したいという方が主に使います。旅行の途中で、喧騒から離れてゆっくりした時間を過ごしたい方にはおすすめします。

チケットは1等のほうが割高です。例として、ブリュッセル中央駅からゲントまでの2等チケットが片道8.9ユーロなのに対して、1等は13.7ユーロと5ドル近く高くなります。

注意したいのは、2等車両のチケットを買ったけれども、1等車両に変更したい時。駅のチケット売り場で言えば差額を払うだけですみますが、車内で申し出ると、前述の「車内購入特別料金(On-board Fare)」制度により、1枚につき7ドルの追加料金が加算されますので気をつけてください。

この記事を書いた人

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。