電車で行ける街特集

ブリュッセルから電車で行ける街・ナミュールの絶景

ベルギーの祝日一覧
BELPLUS編集部
書いた人: BELPLUS編集部

ナミュールは二つの川と山に囲まれた場所にあり、昔から地形的に「要塞」として重宝されてきました。古くはシーザー軍との戦いに備えて地元の人が砦を築いた歴史にまで遡ります。平地のブリュッセル、ゲント、ブルージュとは全く異なり、自然と調和した素朴で美しい街並みは「ムーズ川の真珠」とも言われています。

ナミュールのシタデルからの風景

ナミュールのシタデルからの風景

ナミュールに来たなら、街の中央にある「シタデル(城砦)」に歩いて登るのがおすすめ。歩いている途中に見られるムーズ川とナミュールの街並みの美しさには感動します。小さな街なのですべて歩いて見られますが、シタデルなど名所にはバスで行くこともでき、ムーズ側を楽しめるクルーズ船もあります。

ナミュールに行くには?

ナミュールに行くためのツアー等は残念ながらほとんどありませんが、ブリュッセルから1時間に1~2本出ている快速電車に乗ればたった1時間で到着します。さらに、ナミュールからさらに電車で30分行けば、断崖に囲まれた要塞の街ディナンも一緒に観光することができます。

ブリュッセルを朝早くに出て、ナミュールとディナンで1日ワロン地方の観光をするのはおすすめです。

また、ナミュール、ディナン周辺にはワロン地方の有名な古城が多くあるため、古城巡りをするにも便利な場所。(古城巡りについてはレンタカーを借りるか、1日参加型ツアーに参加することが必要です)

シタデル(城砦)に登る

ナミュール駅に着くと、すぐ左手に観光案内所があります。そこから目の前に伸びるフェール通りが一番の大通りです。シタデルに行くにはここを15分ほど歩きます。

街のあちこちにある像です。

街のあちこちにある像です。物語になっています。

歩いている途中、ブリュッセルとは違い「フランス語だけ」の看板やポスターが多いことに気がつきました。すぐにナミュールの市庁舎が見えてきて、かわいいカフェがあったのでひとまず休憩。フランス語だらけの街ですが、英語は問題なく通じます。

かわいいオープンカフェ

かわいいオープンカフェ

観光客はあまりいません

観光客はあまりいません

その後も美術館、教会、鐘楼、劇場などの美しい建物を通り過ぎると、ナミュールを流れる二つの川の一つであるサンブル川に着きました。ここにかかっている橋を渡ると、いよいよシタデルに入ります。

川から見えるベルギーのおうち。窓辺には花が飾られています。

川から見えるベルギーのおうち。窓辺には花が飾られています。

シタデルの上には駅からバスでも行けますが、登っても1kmほど。車も通れるゆるやかな道から始まり、城に近づくにつれて細い道が増えていきます。

最初はこんな道ですが

最初はこんな道ですが

上に行くにつれて少し険しくなります

上に行くにつれて少し険しくなります

そして「パノラマ通り」という名前の通り、ナミュールの街の絶景が見えてきます。

ベルギーらしい街並み

ベルギーらしい街並み

れんがづくりのかわいい家が並びます

れんがづくりのかわいい家が並びます

シタデルの上が見えてきました

さらに歩き続けると、シタデルのてっぺんが見えてきました。

いよいよシタデルの頂上に着きました。上は思いの外広くなっており、カフェや博物館などがあります。おみやげ屋さんも充実していました。カフェで飲み物をいただき、さらに城壁からの絶景を眺めます。ここまでくると、ナミュール市の向こうに広がる美しい山々も見ることができます。

ナミュールのさらに向こうまで見渡せます。

ナミュールのさらに向こうまで見渡せます。

後ろにはワロン地方らしい山々も

後ろにはワロン地方らしい山々も

シタデルの上は広く、カフェやモニュメントがあります。

シタデルの上は広く、カフェやモニュメントがあります。

外のテラス席。

外のテラス席

要塞としての歴史をあらわす崩れた壁

要塞としての歴史をあらわす崩れた壁

シタデルにはこのような一軒家も。

シタデルにはこのような一軒家も。

庭園への入場は無料です。

庭園への入場は無料です。

帰りにもう一度、ナミュールの街を探索しました。

かわいいお店が並ぶ通りです。

かわいいお店が並ぶ通りです。

タンタンのフィギュアを見つけました。

タンタンのフィギュアを見つけました。

ベルギー南部(ワロン)地方を旅するならこの本

今回のナミュールや、近くの同じく絶景が味わえるディナン、そして周辺に散在するベルギーの古城をめぐる「ワロン地方の旅」を予定されている方に是非ともおすすめしたいのがこの本。ガイドブックではなかなかメインとして取り上げられないこれらのエリアについて特集されたムック本です。

この記事を書いた人

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。