1. 女子力高すぎのフルーツビールを造る「リンデマンス(Lindemans)」

リンデマンズ・クリーク

甘みの少ないチェリーを使うので、飲み口は驚くほどさっぱり。男性にも飲んで欲しいビールです。

もともとは富農だったリンデマン一家が、1822年に農業の空いた時間に始めたフルーツビール作りがきっかけ。「果汁1%」のジュースとはまったく違う、このビールが持つフルーツの濃い風味に驚かされます。リンデマン一家のチェリーやいちごを使ったビールはたちまち大人気となり、数々の賞を受賞し、今ではベルギーフルーツビールの代表として必ず名前が挙がるようになりました。

ホームパーティーで「可愛い」と言われるビールたち。右のビールは「世界一のビール」を受賞したOld Kriek Cuvée René。

ホームパーティーで「可愛い」と言われるビールたち。右のビールは「世界一のビール」を受賞したOld Kriek Cuvée René。

フルーツビールであることから、ラベルもクラシックなフルーツのイラストを主体にしたどこか女性らしいもの。ベルギービールは「Duvel」を代表格として、基本的に男らしいく強そうなラベルのデザインが多いですが、このブリュワリーの女子力の高さは、ベルギービールの中でもいい意味で浮いています(実際にベルギーでも「女の子のビール」と呼ばれるそうです。でも男性もいっぱい飲んでます)

ブリュワリーはブリュッセル西部にあり、ブリュッセル中心部からバスで行くことも可能ですが、バスの本数は少ないため車で行く方が便利です。ガイドツアーは、平日の月曜日から金曜日の朝8時から夜6時まで開催。ビールづくりにおいてこの地域が特別である理由や、醸造過程を歴史とともに見学できます。30分の見学にビールの試飲付き。

2. 屋根のない美術館、ブルージュ中心部にある「ドゥ・ハルヴ・マーン(De Halve Maan)」

Bruges Zotは日本にもレストランがあります。

Bruges Zotは東京にも同名のビアカフェを出店しています。このピエロが目印。

ブルージュ駅から徒歩10分。世界遺産のベギンホフ修道院のすぐそばに、ブルージュを代表するブリュワリー「ドゥ・ハルヴ・マーン(De Halve Maan)」があります。500年以上の歴史を持つこのブリュワリーは、今でも現役で稼働中。近年では、ここで作ったビールをブルージュ郊外の瓶詰め工場まで直接送る「ビールのパイプライン」をクラウドファンディングで実現したことでもニュースになりました。

ブルージュに「ベルギービールのパイプライン」が完成!
世界遺産都市として有名なブルージュで、ベルギービールBrugse Zotを醸造するブリュワリーが、世界初のビールの流れる地下通路を開発しました。なぜ地下にビールを?決断に至った意外...

ガイドツアーでは、醸造過程の見学もさることながら、ツアー参加者しか行けない建物上からの眺めも必見。街の中心部にあるため、ブルージュの数々の名所たちもすぐ近くに見えます。昔のブリュワリーで働く人たちもきっと同じ景色を見ていたはず。

人気ブリュワリーのため、混み合う週末の午後に確実に参加したい場合は、公式サイトからのオンライン予約がおすすめです。

ブルージュの街を一望できるブリュワリー「De Halve Maan」
屋根のない美術館でつくられるビール ベルギーの有名観光都市ブルージュ。世界遺産の鐘楼があるマルクト広場を中心に、14世紀の栄華を彷彿とさせる豪華な装飾の建物に囲まれた街は、「屋根...

3. アルデンヌの古城巡りとあわせて行きたい「オルヴァル (Orval)」

オルヴァル

オルヴァルを造る修道院に行くにはレンタカーが必要。アルデンヌの森はとても綺麗です。

「トラピストビール」とは、ベルギーの修道院で昔ながらの製法を守って作られたビールのこと。その一つがこのオルヴァルです。トラピストビールの中には、生産数が限られていてベルギー国内でも全くお目にかかれないものや、修道院の一般公開日が限られていて普段はまったく見学できないところもあります。オルヴァルも生産量は限られており、現在作っているのは「オルヴァル」の1種類のみ。また、そのうちの85%がベルギー国内で流通しています。

オルヴァル修道院は、ベルギー南部、フランスに近い国境沿いの小さな街にあります。代々続く製法を守るため、実際のビール製造過程は残念ながら見学不可ですが、昔の修道院の跡地や、ビールの博物館、そして料理も美味しいと評判のレストランがあります(オルヴァルビール以外も置いてあるのも不思議です)。街全体が、いかにもヨーロッパの田舎町といった雰囲気で、歩いているだけでも楽しいです。ジビエの季節は美食の楽しみも。

敷地内にあるマチルドの泉には、1076年にここを訪れたイタリアの伯爵夫人が結婚指輪を落とし、鱒がくわえて上がってきたという伝説があります。この伝説は、そのままオルヴァルビールのラベルのイラストになっています。

ダークカラーでいかにも強そうなオルヴァルビールですが、アルコール度数は6.2%「しか」なく、ベルギーでは「ライトビール」の分類に入るそう。レンタカーで行く場合は、アルデンヌ地方で一泊して、古城巡りもすることをおすすめします。

Orval修道院への行き方、見学時間、見どころについて
ベルギービールの中でも、修道院で作られるビールのみが「トラピストビール」と呼ばれます。その中でも日本でも人気が高い「オルヴァル」ビールが作られている修道院に行ってきました。...

4. ここでしか買えない、謎に包まれたビールをWestvleteren(ウェストフレテレン)を造る「Saint Sixtus修道院」

WRITER

Hanna

Hanna

ルーヴェン大学卒業、現在ベルギー・アントワープ在住。ベルギーの文化、歴史、言語に関する記事を担当しています。好きなビールはDuvel。