1. 女子力高すぎのフルーツビールを造る「リンデマンス(Lindemans)」

リンデマンズ・クリーク

甘みの少ないチェリーを使うので、飲み口は驚くほどさっぱり。男性にも飲んで欲しいビールです。

もともとは富農だったリンデマン一家が、1822年に農業の空いた時間に始めたフルーツビール作りがきっかけ。「果汁1%」のジュースとはまったく違う、このビールが持つフルーツの濃い風味に驚かされます。リンデマン一家のチェリーやいちごを使ったビールはたちまち大人気となり、数々の賞を受賞し、今ではベルギーフルーツビールの代表として必ず名前が挙がるようになりました。

ホームパーティーで「可愛い」と言われるビールたち。右のビールは「世界一のビール」を受賞したOld Kriek Cuvée René。

ホームパーティーで「可愛い」と言われるビールたち。右のビールは「世界一のビール」を受賞したOld Kriek Cuvée René。

フルーツビールであることから、ラベルもクラシックなフルーツのイラストを主体にしたどこか女性らしいもの。ベルギービールは「Duvel」を代表格として、基本的に男らしいく強そうなラベルのデザインが多いですが、このブリュワリーの女子力の高さは、ベルギービールの中でもいい意味で浮いています(実際にベルギーでも「女の子のビール」と呼ばれるそうです。でも男性もいっぱい飲んでます)

ブリュワリーはブリュッセル西部にあり、ブリュッセル中心部からバスで行くことも可能ですが、バスの本数は少ないため車で行く方が便利です。ガイドツアーは、平日の月曜日から金曜日の朝8時から夜6時まで開催。ビールづくりにおいてこの地域が特別である理由や、醸造過程を歴史とともに見学できます。30分の見学にビールの試飲付き。

2. 屋根のない美術館、ブルージュ中心部にある「ドゥ・ハルヴ・マーン(De Halve Maan)」

Bruges Zotは日本にもレストランがあります。

Bruges Zotは東京にも同名のビアカフェを出店しています。このピエロが目印。

ブルージュ駅から徒歩10分。世界遺産のベギンホフ修道院のすぐそばに、ブルージュを代表するブリュワリー「ドゥ・ハルヴ・マーン(De Halve Maan)」があります。500年以上の歴史を持つこのブリュワリーは、今でも現役で稼働中。近年では、ここで作ったビールをブルージュ郊外の瓶詰め工場まで直接送る「ビールのパイプライン」をクラウドファンディングで実現したことでもニュースになりました。

ブルージュに「ベルギービールのパイプライン」が完成!
世界遺産都市として有名なブルージュで、ベルギービールBrugse Zotを醸造するブリュワリーが、世界初のビールの流れる地下通路を開発しました。なぜ地下にビールを?決断に至った意外...

ガイドツアーでは、醸造過程の見学もさることながら、ツアー参加者しか行けない建物上からの眺めも必見。街の中心部にあるため、ブルージュの数々の名所たちもすぐ近くに見えます。昔のブリュワリーで働く人たちもきっと同じ景色を見ていたはず。

人気ブリュワリーのため、混み合う週末の午後に確実に参加したい場合は、公式サイトからのオンライン予約がおすすめです。

ブルージュの街を一望できるブリュワリー「De Halve Maan」
屋根のない美術館でつくられるビール ベルギーの有名観光都市ブルージュ。世界遺産の鐘楼があるマルクト広場を中心に、14世紀の栄華を彷彿とさせる豪華な装飾の建物に囲まれた街は、「屋根...

3. アルデンヌの古城巡りとあわせて行きたい「オルヴァル (Orval)」

オルヴァル

オルヴァルを造る修道院に行くにはレンタカーが必要。アルデンヌの森はとても綺麗です。

「トラピストビール」とは、ベルギーの修道院で昔ながらの製法を守って作られたビールのこと。その一つがこのオルヴァルです。トラピストビールの中には、生産数が限られていてベルギー国内でも全くお目にかかれないものや、修道院の一般公開日が限られていて普段はまったく見学できないところもあります。オルヴァルも生産量は限られており、現在作っているのは「オルヴァル」の1種類のみ。また、そのうちの85%がベルギー国内で流通しています。

オルヴァル修道院は、ベルギー南部、フランスに近い国境沿いの小さな街にあります。代々続く製法を守るため、実際のビール製造過程は残念ながら見学不可ですが、昔の修道院の跡地や、ビールの博物館、そして料理も美味しいと評判のレストランがあります(オルヴァルビール以外も置いてあるのも不思議です)。街全体が、いかにもヨーロッパの田舎町といった雰囲気で、歩いているだけでも楽しいです。ジビエの季節は美食の楽しみも。

敷地内にあるマチルドの泉には、1076年にここを訪れたイタリアの伯爵夫人が結婚指輪を落とし、鱒がくわえて上がってきたという伝説があります。この伝説は、そのままオルヴァルビールのラベルのイラストになっています。

ダークカラーでいかにも強そうなオルヴァルビールですが、アルコール度数は6.2%「しか」なく、ベルギーでは「ライトビール」の分類に入るそう。レンタカーで行く場合は、アルデンヌ地方で一泊して、古城巡りもすることをおすすめします。

Orval修道院への行き方、見学時間、見どころについて
ベルギービールの中でも、修道院で作られるビールのみが「トラピストビール」と呼ばれます。その中でも日本でも人気が高い「オルヴァル」ビールが作られている修道院に行ってきました。...

4. ここでしか買えない、謎に包まれたビールをWestvleteren(ウェストフレテレン)を造る「Saint Sixtus修道院」

完全予約制、ここでしか買えない修道院ビール。

完全予約制、ここでしか買えない修道院ビール。

本当に「ベルギーでしかできない」特別な体験をしたい方へ。ブリュッセルから車で約1時間、「猫祭り」で有名なベルギー北西部の都市イーペルの近くに、Saint Sixtusと呼ばれる修道院があります。この修道院で造られる「ウェストフレテレン」は、上でご紹介したオルヴァルと同様に、現在でも昔ながらの方法で修道士が造るトラピストビールの一種なのですが、多くの人にとってこのビールの姿は謎に包まれています。

まず、ビールはこの修道院でしか販売していないこと。そして生産量が非常に少ないため、そもそも予約してもキャンセルになる可能性が高く、運良く予約が取れたとしても、購入できるビールの数量が非常に限られていること。1回に購入できるのは3種あるうちの1種でだけで、1ケース単位(24本)のみ。転売、再販は禁止されており、引き取り時に車のナンバーも記録されます。

世界一のビールに輝いたほど味に定評があるため、大量生産によってビジネスを拡大する誘いも多そうですが、この修道院は、ビールは修道院での僧侶の生活や運営の為に必要な量のみを造るとし、昔ながらのやり方を守り続けているそうです。

修道院のビール予約に外れた方にも朗報が。建物向かいのビアバー「In De Vrede」では、このウェストフレテレンビール飲むことができます。ビール1本にミニグラス2本が付いたセットなど、持ち帰り可能なギフトセットも販売しています。

幻のビールを飲むもう一つの方法

ウェストフレテレンを飲んでみたいけど、ブリュワリーまで行く時間がない…という方へ。もちろん、ベルギーのビアカフェやブラッセリーもウェストフレテレンを手に入れるために頑張っています。いつ入荷できるかわからないため通常のメニューには無いですが、入荷された時は「ウェストフレテレンあります」とカフェのドアやボードにサインが出ています。そのため、お店の前をチェックして、もしサインを見つけたら、無くなる前にすぐに入って注文してみてください。

5. 併設のブラッセリーもおすすめ、「ヘット・アンケル(het anker)」

メッヘレンは美しい美食の街としても有名。ブリュワリー周辺もれんが造りのかわいい家が並びます。

メッヘレンは美しい美食の街としても有名。ブリュワリー周辺もれんが造りのかわいい家が並びます。

ヘット・アンケルブリュワリーがあるメッヘレンは、ブリュッセルとアントワープの中間、どちらからも電車で30分程度の小さな都市です。14世紀には、今のオランダ・ベルギーをあわせたネーデルラントの首都であった歴史があります。また、ローマ帝国皇帝カール5世が幼少期を過ごした街としても有名です。そんな彼が愛したのが、この街のはずれにあるヘット・アンケルのビール「グーデン カロルス(Gouden Carolus)」。

このブリュワリーの歴史は、現在確認出来る資料だけでも1369年まで遡ることができますが、実際はもっと昔から稼働していたため、ベルギーでは現在も操業している最も古いブリュワリーといわれています。15世紀の建物を利用した、5世代続く家族経営の歴史がある建物は、見ているだけでも中世の歴史を感じられます。

醸造過程の見学の後は、ぜひ併設のブラッセリーへ。ベルギーの伝統料理と一緒に全てのグーデン カロルスシリーズが味わえます。

ヘット・アンケルへの行き方、見学時間、見どころについて
メッヘレンのブルワリー「ヘット・アンケル(Het Anker)」は、5世代続く家族経営の歴史があるブルワリーに併設されたブラッセリーで、ビールとベルギー伝統料理で有名です。...

6. 日本でも大人気のトラピストビール「シメイ(Chimay)修道院」

日本でもおなじみのシメイビール。よく見るのは赤と黒のラベルですが、実はもっと種類があるんです。

日本でもおなじみのシメイビール。よく見るのは赤と黒のラベルですが、実はもっと種類があるんです。

日本はもちろん、世界中のどこに行っても見かけるベルギービールの代表「シメイ」。修道院で作られるトラピストビールながら、近代化を積極的に取り入れて現在では巨大企業に成長しました。修道院はベルギー南部、フランスの国境に近くの車でしか行けない場所にありますが、興味がある方はぜひレンタカーで、ブリュッセルから3時間のドライブを。アルデンヌ地方の豊かな自然を感じながらのドライブの目的地にぴったりの場所です。上のオルヴァル修道院も近くにあります。

修道院の実際の醸造過程は見学不可ですが、醸造過程を説明した展示スペース(40分程度)と、修道院の庭や墓地は自由に見学ができます。見学の最後には、併設のビアカフェでChimayビールのティスティングが含まれています。さらにシメイビールを堪能するなら、特製の木樽で追加発酵させたシグネチャービール「Grande Réserve」を。

また、シメイ修道院で忘れてはいけないのが同じく「シメイ」と呼ばれるハードタイプのチーズ。こちらも併設のショップで購入可能のほか、カフェでも様々な種類を味わうことができます。こんなに沢山のタイプがあるのかと驚くこと間違いなしです。

7. 限定グッズも買えるブリュワリー「デュベル・モルトガット(Duvel Moortgat)」

デュベルを含め、ブリュッセルとアントワープに挟まれたエリアは有名ブリュワリーの宝庫。他にもパームやグリムベルゲンのブリュワリーがあります。

デュベルを含め、ブリュッセルとアントワープに挟まれたエリアは有名ブリュワリーの宝庫。他にもパームやグリムベルゲンのブリュワリーがあります。

デュベルとは、オランダ語で「悪魔」の意味。ベルギーのサッカーチームが「Rode Duvel(赤い悪魔)」と呼ばれていることも有名です。そんな名前がつくほど魅惑的なビールを造るデュベル・モルトガットブリュワリーは、ブリュッセルから車で30分の郊外にあります。

ビジネススクール出身のモルトガット3兄弟がビール作り全体を近代化した結果、伝統的な味を守りつつも、HACCP(食品製造工程の国際規格)認証を受け、さらには株式上場まで果たした企業としてベルギーでは有名。ビールだけでなく、食品ビジネスのヒントもガイドツアーを通じて知ることができます。

ガイドツアーは全部で3種類。9ユーロの基本ツアーは15人以上で開催されるため、個人で行く方は、あらかじめ公式サイトからオンライン予約するほうが安心です。少人数でも開催される27ユーロのデギュスタシオンコースでは、ビールソムリエとのビールのティスティングが堪能できます。

充実のギフトショップ

デュベルのブリュワリーで購入できるかわいいグッズたち。©Duvel

デュベルのブリュワリーで購入できるかわいいグッズたち。©Duvel

ブリュワリーに併設するギフトショップでは、デュベルの限定グッズが購入可能。スペシャルビールのセットのほか、キッチン用品やTシャツ、雑貨まで。日本へのおみやげにもぴったりです。

8. 手軽に行ける街のブリュワリー「ドムス(Domus)」

ブリュワリー・ドムスは、ブリュッセルから電車で20分の学生都市ルーヴェンの中心部にあります。ルーヴェン自体も小さな街ですが、ドムスも一見ブリュワリーとは分からないほど(外の通りからは併設のブリュワリーしか見えません)。ですがカフェの脇にある裏道を通ると、ブリュワリーらしいタンクや内装を見ることができます。

ブリュワリーの見学は8人以上から可能。一般的なティスティングツアーから、併設のブラッセリーでの3コースディナーを含めた食事付きのコースから選べます。ブラッセリーで提供されるのは、ドムスビールとペアリングした伝統的なフランダース地方の料理たち。ブリュワリー見学の時間がない方は、もちろん、普通のブラッセリーとして利用し、ドムスビールを味わうことができます。

ブリュワリーとしてはそれほど有名ではありませんが、その分観光客も少なく、地元のルーヴェン大学の学生の溜まり場カフェとして利用されています。ブリュッセルからもすぐに行けるので、遠くのブリュワリーに行く時間がない方に特におすすめです。

地元っ子に愛されるブリュワリーxレストラン「ドムス(Domus)」
ブリュッセルから電車で20分の街ルーヴェンの中心部にある、大学生からお年寄りまで地元っ子に愛されているブリュワリー併設カフェ「ドムス」。気軽に入りやすい雰囲気で、いつも賑わっていま...

9. ピンクの象の建物もかわいいブリュワリー「Huyghe」

まるでディズニーランドのように、ブリュワリーのあちこちにピンクの象がお目見えします。

まるでディズニーランドのように、ブリュワリーのあちこちにピンクの象がお目見えします。

日本でも「ピンクの象のラベル」でおなじみのデリリウム・トレメンスビール。ブリュッセルのグラン・プラス近くにはこのブリュワリーが経営する、2,400種類以上のビールがあるデリリウム・カフェがあることでも有名です。そして、ブリュッセル南部にある街・メレでは、実際にデリリウムのビールが作られる工程を見学することができます。

デリリウムブリュワリーの見学は、一人8ユーロでビールのテイスティングが含まれます。見学ツアーには最低15人が必要ですが、個人旅行で行く方も、同時期に他の参加者の予約が入っていれば参加可能。空き状況や予約状況については、デリリウムカフェに直接メールで問い合わせてください。

10. 奇妙なグラスの”あのビール”を造る「ボステールス(Bosteels)ブリュワリー」

kwakはこのグラスで飲んでこそ。ベルギーでビールを買うときは、ぜひグラスも一緒に

kwakはこのグラスで飲んでこそ。ベルギーでビールを買うときは、ぜひグラスも一緒に

日本のベルギービールカフェでも人気の、縦長のグラスで飲むビール「Kwak」を造るボステールスブリュワリーは、上のデュベルと同じブリュッセル北部エリアにあります。ブリュワリーの歴史は1990年代からと比較的新しいですが、レシピは1679年に修道士によって作られた伝統的なもの。

ブリュワリーでは、ビールの醸造過程の見学のほか、製造している3つのブランド「Kwak」「Karmeliet」「Deus」の3種類を購入することができます。(ブリュワリーの見学は平日のみ、20人以上から受付です)。

おまけ:おすすめできないブリュワリーは?

「8. 手軽に行ける街のブリュワリー・ドムス(Domus)」がある街・ルーヴェンには、実は世界最大のビール企業のブリュワリーがあります。日本でも良く見かけるピルスナービール、ステラ・アルトワ(Stella Artois)を造るインベブ(AB Inbev)社のビール工場です。ルーヴェンの郊外にあり、なんと世界のビールシェアの25%はこの会社のビールが占めています。バドワイザーを筆頭に世界の有名ブランドを次々と買収した、今やベルギーの産業自体をリードする大企業です。

巨大企業のブリュワリーだけあって、ガイドツアーも充実。ですがこのガイドツアー、正直に言うと、私は全く楽しめませんでした。国際的な大企業の最先端のビール製造過程は、ブリュワリーというよりもまさに「工場」。大人の社会科見学としては見応えはありましたが、ベルギービールのブリュワリーに期待するような「伝統」や「歴史」は醸造過程にはあまり残されていませんでした。

ルーヴェンにはかわいいビアカフェがたくさんあるので、工場に足を運ぶよりも、街の観光で美味しいビールを飲むことをおすすめします。ブリュワリーに行かなくても、普通のカフェでも常時20種類以上のビールが揃っているのもベルギーの魅力。ルーヴェンは街のサイズに比べてカフェの数も多く、ビールを楽しむのにもおすすめの場所です。

ルーヴェンの中心部・市庁舎前にあるカフェ。

ルーヴェンの中心部・市庁舎前にあるカフェ。

ブリュワリー見学の前に読みたい本たち

WRITER

Hanna

Hanna

ルーヴェン大学卒業、現在ベルギー・アントワープ在住。ベルギーの文化、歴史、言語に関する記事を担当しています。好きなビールはDuvel。