ブルージュ 国内を移動

ブリュッセル空港からブルージュへの行き方

ブリュッセル空港と周辺観光都市
BELPLUS編集部
書いた人: BELPLUS編集部

ブリュッセル空港からブリュッセル以外の都市に移動する場合の方法を説明します。電車で行く方法と、空港送迎サービスを利用する方法があります。

ベルギーの国際線が発着する空港は「ブリュッセル国際空港 (Brussels Airport)」といい、その名前の通りブリュッセル近郊にあります。または、空港のある街の名前を取って「ザベンテム空港 (Zaventem Airport)」ともいいます。日本から来られる方は、ほぼこの空港を利用します。

ベルギー旅行の場合、空港に着いてまずはブリュッセル市内へ移動するパターンが一番多いですが、ブリュッセルを後で観光する予定の方や、ビジネスや留学などの目的で訪れた場合、空港からブリュッセル以外の都市に移動することになります。ここでは、ブリュッセル空港からブルージュへの行き方をご紹介します。

電車で移動

ブリュッセル空港からブルージュへは直通電車が運行しています。チケットは、空港地下にある鉄道駅の券売機または有人窓口で購入できます。

説明
列車の名前IC(アイシー。Intercitiesの略)
乗車駅Brussel-Nat-Luchthaven(ブリュッセル空港駅)
降車駅Brugge-Sint-Pieters
乗り換えなし(直行)
所要時間約2時間分。途中、ゲントを通過します。その他の途中停車駅は、時刻表で確認できます。または、事前に公式サイトで時刻表を検索できます。
運行スケジュール(目安)ラッシュ時は20分おき、それ以外は30分おき。
自由席(予約不要)
料金(平日大人(片道20.80ユーロ(大人)。週末は半額になります。また、12歳以下は大人と同伴の場合無料。
チケット購入方法事前予約不要。有人窓口または券売機で購入できます。チケットには乗車時間の指定がないため、好きな時間の列車を選べます。
列車の乗り方ブリュッセル空港では、チケットのバーコード部分を改札に当ててゲートを開けます。その他、車内で乗車券のチェックがあります。

関連する記事

ベルギーで目的地までの電車を調べる方法(路線情報)
ベルギーで乗りたい電車を事前に調べるには、ベルギー国鉄の公式サイトで検索します。日本のYahoo!路線情報などの時刻表検索サイトと同じく、出発地と目的地を入力するだけで乗りたい電車...
ベルギー 電車の時刻表の見方
便利な電車ですが、日本と比べて頻繁に電車のキャンセルや遅延が生じるのが予期できないところ。また、ホーム(乗り場)の変更も頻繁に発生します。...
券売機での鉄道チケットの買い方
ベルギー国鉄の券売機でチケットを買う方法について説明します。ブリュッセル空港発着チケットの他、ブリュッセル〜ブルージュ〜ゲント〜アントワープなどの都市間の移動には鉄道を利用します。...
ベルギー 電車の乗り方
ベルギーの駅には改札がない?!日本と違う電車の乗り方について説明します。気になる1等車と2等車の違いも。...

送迎サービスを利用

空港からチャーターを利用して、ブリュッセルの宿泊ホテルまで送迎してくれるサービスがあります。空港の到着口でドライバーさんに出迎えてもらい、そのままプライベートの車で出発するサービスです。送迎サービスは、以下のどれかが当てはまる方に向いています。

  • 荷物が多い方
  • ブルージュの駅から宿泊ホテルが離れている方
  • 夕方〜夜に空港着で治安に不安がある方
  • 小さいお子様がいる家族連れの方
  • なるべく早くブルージュに行きたい方(鉄道はよく遅れます…)
  • 3人以上のグループの方(料金は1台あたりなので、人数が多い方が安くなります)

予約時には、フライト番号とベルギー到着時刻の入力が必要なので、飛行機が決まってから予約してください。

予約は全て日本語で行えます。予約時にすでにホテルが決まっていればホテル名や代表電話番号を入力しますが、ホテルは決まってないけどとりあえず空港送迎だけ予約したい場合は、ホテルは予約後にも登録できます。

乗り合いのシャトルバスとは違い、専用車のため台数に限りがあります。そのため、飛行機が決まったら早めに予約することをおすすめします。

送迎会社のロゴ。このロゴの名前ボードを持っている人を探すと間違いありません。

送迎会社のロゴ。このロゴの名前ボードを持っている人を探すと間違いありません。

当日は、英語ドライバーが空港の到着口のあたりであなたの名前を書いた紙を持って立っています。ブリュッセル空港の到着口は一つだけなのでまず見失うことはありません。

予約会社から送り先のホテル名は伝わっているので、英語が苦手な方も最低限の会話で大丈夫です。荷物を運んでもらうエスコートサービスのため、ドライバーには最後に気持ちとしてチップを渡すのがマナーです(チップはベルギーでは強制ではないので、金額は自由です。大きめのスーツケース1個で1ユーロ程度を目安にしてください。)。

ブルージュは石畳の道のため、スーツケースを持ち歩くのは結構辛いです。

ブルージュは石畳の道のため、スーツケースを持ち歩くのは結構辛いです。

この記事を書いた人

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者1名の計3名が共同で運営するサイトです。旅行に役立つガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。