カフェ・レストラン ルーヴェン

ルーヴェンのおすすめレストラン3軒

ルーヴェンを代表する建物である市庁舎。周りにはカフェやレストランが並び、食べる場所に困りません。

ルーヴェンのレストランのレベルは高い

ルーヴェン観光」でも書きましたが、私がベルギーの中で一番好きな都市はルーヴェンなんです。ブリュッセルから電車で25分とアクセスも便利ながら、あまり観光客がおらず、地元の人と同じ目線で街歩きを楽しめます。

綺麗に手入れされた大邸宅やおしゃれなショップも多いため、建築好き・デザイン好きにはおすすめしたい都市です。

世界遺産のベギンホフ修道院や、大学の施設であるアレンベルグ城もバスですぐの場所にあります(アレンベルグ城の周りには、これまたお城?レベルの豪邸が並びます)。

街のシンボルである、ルーベン大学の図書館。中には独立したアジア図書館もあり、日本の小説がたくさんあります。

街のシンボルである、ルーヴェン大学の図書館。中には独立したアジア図書館もあり、日本の小説がたくさんあります。

あまりに好きなので、ベルギーに行く予定の方にはいつもおすすめしているのですが、皆さんブリュッセル、ブルージュやアントワープに行くだけで予定がいっぱいになってしまい、なかなかルーヴェンに行くという方は少ないです…。個人旅行だといろいろアレンジして行けますよ!

ルーヴェン中心部からバスで10分の場所にあるアレンベルグ城。お城なのに、大学の施設です。

ルーヴェン中心部からバスで10分の場所にあるアレンベルグ城。お城なのに、大学の施設です。

そんな地味なルーヴェンですが、実はレストランはブリュッセルやブルージュに劣らずハイレベルなお店が揃っています。もともと大学都市(世界最古のカトリック大学)のため、教授やカンファレンス参加者向けのフォーマルなレストランと、学生向けの安くて楽しいレストランの2つがあるのが特長です。

ここでは、私たち母娘が実際に行ったルーヴェンのレストランの中で、特におすすめの3店をご紹介します。日本向けのガイドブックには無いものもありますが、どれもとても美味しくておすすめなので、興味があったら是非行ってみてください。

ロケーション抜群、いつも満員のNotre Dame Quasimodo

市庁舎のすぐ右にある建物です。中は吹き抜けの2階建。

市庁舎のすぐ右にある建物です。中は吹き抜けの2階建。

ルーヴェンのど真ん中にある市庁舎の真隣という絶好のロケーションにありながら、値段は安めのビストロのため、いつも学生やローカルで賑わっている気取らないお店です。かといって安っぽいお店ではなく、内装も歴史的建物を利用した豪華なスタイルで、出てくるのは伝統的なベルギー料理が中心。

こちらのページで紹介したカルボネード・フラマンドや小エビのコロッケもあります。朝から深夜まで営業しており、夜はベルギービールを飲みにきたお客さんで一層賑わいます。

ステーキがおすすめ。焼き加減も聞いてくれます。

ステーキがおすすめ。焼き加減も良かったです。

ベルギービールSTELLAは、このルーヴェンで作られています。

ベルギービールSTELLAは、このルーヴェンで作られています。

Notre Dame Quasimodo

住所:Grote Markt 11, 3000 Leuven
行き方:ルーヴェン駅から歩いて10分、街の中心にある市庁舎の真隣。
営業時間:
毎日9:00から深夜1:30まで。定休日なし
ウェブサイト:公式サイト
予算:★★ 一人10ユーロ〜

とっておきの記念日に ‘t Zwart Schaap

窓から市庁舎と教会、そしてルーヴァンのマルクト(広場)が一望できます

窓から市庁舎と教会、そしてルーヴェンのマルクト(広場)が一望できます

Zwart Schaapとは、オランダ語で「黒い羊」という意味。その名の通り、れんが造りの瀟洒な店の前には黒い羊の看板が掲げられています。こちらは、高級感たっぷりのフレンチ+ベルギー料理レストランの店。ベルギー国内の評価も高く、重要な記念日や旅の思い出にぴったりです。

上でご紹介したNotre Dame Quasimodoと同じく、こちらも市庁舎の真隣(反対側)にあります。大きな窓があり、レストラン内からは美しい市庁舎の彫像たちと教会が見渡せます。

一番のおすすめは、29ユーロのおまかせランチコース。実はこのコースが大好きで、何度も行っているのですが、毎回アレンジが異なる美味しい料理をいただいています。さらに11ユーロを追加すると、料理にあったワインも一緒にサーブしてくれます。

私はこの29ユーロが、お店の雰囲気やお料理の質からするととても安いと思うんです。ブルージュでも同じくらいの価格帯で素敵なレストランがたくさんありますが、お客さんで混み合っていてあまりくつろげないことが多い気がします。観光客が少ない静かな街だからこそ、静かにくつろげるのかもしれません。

ドレスコードは特にありませんが、ジャケットやワンピースなどのスマートカジュアル以上がお店の雰囲気に合うと思います。

Restaurant ‘t Zwart Schaap

住所:Boekhandelstraat 1, 3000 Leuven
行き方:ルーヴェン駅から歩いて10分、街の中心にある市庁舎の真隣。
営業時間:ランチは12時〜14時、ディナーは18:30〜21:00
定休日:月曜と日曜
予算:★★ 一人30ユーロ〜

ベルギービールで遅くまで語らうなら オウデマルクトのカフェ

オウデマルクトは朝から深夜まで学生でいっぱい

オウデマルクトは朝から深夜まで学生でいっぱい

ルーヴェン大学の学生御用達のオウデマルクトは、大学のすぐ裏にあるビアパブやカフェが並ぶ一角のことです。夏になれば、広場いっぱいにパラソルがついたテラス席が並び、深夜までたくさんの人で賑わいます。

ここの主役はやはり学生ですが、地元の大人たちも自由気ままにカフェやビールで時間を過ごしています。朝早くから空いているお店も多いため、クロワッサンとコーヒーでゆっくり本を読みながら過ごすのも楽しいです。

ベルギーでは、ビアパブやカフェでも様々な食事が食べられます。クロックムッシュのような軽食から、パスタや鮭のムニエルなどまでバラエティも充実。レストランより価格が安いのも人気の秘密です。

素敵なカフェをいっぱいはしごできるのがオウデマルクトの楽しみ

素敵なカフェをいっぱいはしごできるのがオウデマルクトの楽しみ

このオウデマルクトの特徴は、隣り合うビアパブやカフェ同士が競い合っているため、サービスのレベルが高いことと、お店を何件でも変われるということです。最初の1杯目はここのカフェ、次はあちら…などと1日に何件も回ることも可。

私のおすすめは、ちょうど真ん中にある人気店「Café Belge」。飲み物の種類が多いだけでなく、食事もしっかり取れるのが嬉しいです。

市庁舎から一本角を曲がればすぐにこの景色が見えてきます。

市庁舎から一本角を曲がればすぐにこの景色が見えてきます。

Café Belge

住所:Oude Markt 35,3000 Leuven
行き方:ルーヴェン駅から歩いて15分。オウデマルクトの中心に位置する。
予算:★ 一人5ユーロ〜

はじめてのベルギー。飲み物や食事の注文方法は?

ベルギーのカフェ・ブラッセリーでのマナー
ベルギーでレストランに行く予定の方も多いと思います。食事自体のマナーは日本でフレンチやイタリアンなどを食べる場合と同じですが、文化の違いから、日本では普通にやっていることが通用しな...

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール