ルーヴェン

ベルギー・ルーヴェン観光 その1

ルーヴェンを代表する建物である市庁舎。周りにはカフェやレストランが並び、食べる場所に困りません。

ヨーロッパ最古の大学であることと、世界の大学ランキング40位(2016年度)と教育や研究のレベルが高いことで知られるルーヴェン大学。学生や教授など大学関係者が多く住んでいることから、観光客でいっぱいのブリュッセルとは違う落ち着いた雰囲気が漂っています。また、大学関係の歴史ある建物が多いことや、治安や住宅環境の良さから、最近では住宅価格もうなぎのぼり。住宅は皆美しく手入れされ、街を歩いているだけでも楽しい気分になれます。

私が「一番ベルギーらしい街」といって真っ先に思いつくのがこのルーヴェンです。ブリュッセル、ブルージュ、ゲントのほうが有名ですが、観光客向けのショップやレストランも多く、「地元の人と同じように過ごしてみたい」と思っても、どこに入っていいかわからないことが多くあります。その点ルーヴェンは、あまりツアーの団体客が来ないこともあり、レストランなども観光客向けではなく、地元の人が気軽に使うお店がほとんど。学生向けの安めのお店や気取らないカフェが多いことも特徴です。

今回、ベルギー人の友人がルーヴェン・カトリック大学を修了したので、旅行の途中で卒業式に参加しました。

まずは街歩きから。ルーヴェンは狭い街なので、駅から中心部までは歩いて10分程度です。街の中心にあるのは、ため息が出るほど精巧で美しい市庁舎。一つ一つの柱には彫像が並んでいます。

ルーヴェン駅前。朝早くて閑散としていましたが、お昼ごろからは広場のカフェに人が集まります。

ルーヴェン駅前。朝早くて閑散としていましたが、お昼ごろからは広場のカフェに人が集まります。

ルーヴェンの街は「リング」という道路に囲まれています。その端にある駅から中心部までは歩いて10分。

ルーヴェンの街は「リング」という道路に囲まれています。その端にある駅から中心部までは歩いて10分。

市庁舎はまるでお城のよう。中に観光案内所があります。結婚式をしているカップルも。

市庁舎はまるでお城のよう。中に観光案内所があります。結婚式をしているカップルも。

ルーヴェン大学で一番有名な建物である図書館(ビブリオテーク)。カリヨンの鐘が響きます。

ルーヴェン大学で一番有名な建物である図書館(ビブリオテーク)。カリヨンの鐘が響きます。

市庁舎の前にある聖ピーターズ教会。(Saint Peter's Church)中は自由に入れます。

市庁舎の前にある聖ピーターズ教会。(Saint Peter’s Church)中は自由に入れます。

教会にある中世のマリア様の像はルーヴェン大学のシンボルでもあります。

教会にある中世のマリア様の像はルーヴェン大学のシンボルでもあります。

広場のマルシェで買ったいちごです。他の人の真似をして、隣で売っていたアイスティーと一緒にいただきました。

広場のマルシェで買ったいちごです。他の人の真似をして、隣で売っていたアイスティーと一緒にいただきました。

アンティークのお値段も、ブリュッセルのサブロン広場などと比べると手頃感があります。

アンティークのお値段も、ブリュッセルのサブロン広場などと比べると手頃感があります。

学生で賑わう、カフェがずらりと並んだ広場。夜はもっと賑やかでした。

学生で賑わう、カフェがずらりと並んだ広場。夜はもっと賑やかでした。

次回は、大学構内でのセレモニーの様子と、世界遺産のベギン修道院でのパーティーについてです。

ベルギー ルーヴェン観光 その2
「ルーヴェン観光 その1」の続きです。朝早くブリュッセルを出て、電車で25分の場所にある小さな街ルーヴェン(Leuven)に来ました。まず簡単に観光を済ませ、今回の訪問のハイライト...

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール