電車で行ける街特集

海辺のリゾート・オステンドをお散歩

ベルギーの海辺のリゾート、オステンドをお散歩

ブルージュからたった15分のオステンド

ベルギーの海岸沿いにある小さな街・オステンドは、昔からベルギー王室の避暑地として有名です。また、昔からイギリスへのフェリーが発着する港であったことから、国際的な雰囲気も漂っています(ベルギーではあまり見かけない”Tea Room”も多いです)。

そんなオステンドへは、ブルージュから電車を使えばたった15分。駅前には大型コインロッカーもあり、海岸も目の前です。もちろん、美味しいシーフードのレストランもたくさん。

ブルージュ観光の後、オステンドを半日旅行してとっても楽しかったので、このページでオステンドの見どころを紹介します。

古いオステンドのポスター。一番下には「ベルギー王室御用達」の文字が。背景にあるのは古いカジノで、現在はモダンなデザインに変わっています。

古いオステンドのポスター。一番下には「ベルギー王室御用達」の文字が。背景にあるのは古いカジノで、現在はモダンなデザインに変わっています。

オステンドはこんな方におすすめ!

  • ベルギーのまだ知られていない素敵な場所に行ってみたい人
  • ヨーロッパに来たからには「北海」に行ってみたい人
  • 美味しいシーフードをたくさん食べたい人

駅で荷物を預け、目の前の教会へ

ブルージュから電車に乗り、終点のオステンド駅に着きました。駅からは早速綺麗な海と真っ白なクルーザーが見えます。

オステンドの駅。一部改装中ですが、さすがヨーロッパらしく、ファサードと呼ばれる建物前面はそのまま残されていました。

オステンドの駅。一部改装中ですが、ヨーロッパらしく、ファサードと呼ばれる建物前面はそのまま残されていました。

駅の目の前から見えるクルーザーたち。高級車も多く見かけました。

駅前から見えるクルーザーたち。高級車も多く見かけました。

駅の一番のポイントは、旅行者には嬉しい巨大スーツケースが入るコインロッカーがたくさんあること。ベルギーでよくあるタイプなのですが、日本語の国旗ボタンを押すと日本語で使い方が表示されます。とはいっても特に日本と変わりはなく、荷物を入れてお金を払うだけ。料金はサイズにより異なりますが、5ユーロ程度です。

旅行者に嬉しいコインロッカー。広いスペースで、奥にもまだまだあります。

旅行者に嬉しいコインロッカー。広いスペースで、奥にもまだまだあります。

教会を抜けて海岸へ

駅からまず向かったのが、聖ピーターとポール教会。1900年代前半に建てられたネオ・ゴシック建築の建物です。

美しい教会の入り口。大きすぎて入らなかったのですが、上部に2つの塔があります。

美しい教会の入り口。大きすぎて入らなかったのですが、上部に2つの塔があります。

天井が高く、静かな教会です。

天井が高く、ひっそりとした雰囲気の教会です。

とても印象的だったのが、ステンドグラス。一般的な教会絵画のスタイルとはちょっと違い、モディリアーニの絵ような細身の人物とともにオステンドの歴史が描かれています。

オランダ語でオステンドの街の歴史が描かれています。

オランダ語でオステンドの街の歴史が説明されています。

中には、オステンドの街の繁栄に貢献した(昔の)有名人たちの姿も。街に根ざした教会ということがよくわかります。

オステンドの街の有名人たち

街の有名人たち

海岸に沿ってどこまでも続くレストラン

ビーチに並ぶ白い日除けスペースは、レンタルして借りられます。

ビーチに並ぶ白い日除けスペースは、レンタルして借りられます。

教会の後は、駅の目の前から伸びている海岸沿いの道を歩きます。右には青い海とビーチ、左にはセカンドハウスやマンションが並ぶ、いかにもリゾートといった光景がどこまでも続いています。

マンションの多くは1階にレストランやカフェがあり、テラス席ではゆっくりベルギービールやワインを楽しむ人たちが。

古い建物と新しい建物が混ざり合う、海岸通りのマンションたち。

古い建物と新しい建物が混ざり合う、海岸通りのマンションたち。

時間貸しのチェアも豊富。若い人たちはみんな水着で日焼けの準備をしていました。

時間貸しのチェアも豊富。若い人たちはみんな水着で日焼けの準備をしていました。

歴史ある街でありながら、イギリスからヨーロッパ大陸に来る時の玄関口であったことから、お店の名前が英語のところも多いです。フランス語圏のブリュッセル、同じオランダ語圏でもブルージュやゲントとはまったく違う雰囲気が味わえます。

豪華なテラス席のカフェ。レストランでもテラス席はカフェとしての利用が可。

豪華なテラス席のカフェ。レストランでもテラス席はカフェとしての利用が可。

お昼は海岸通りのすぐ裏にある、「KOMBUIS」というムール貝が有名なお店で食べました。

ブルージュから20分。海辺の町オステンドでムール貝を食べる
ブルージュから電車で20分の場所にある海辺の街オステンド。ここで、思い切りムール貝を食べられるという食堂があります。Tripadvidorでも大人気の有名店です。...

ですが、やっぱりせっかく来たからには海岸通りのカフェにも入ってみたいもの。ということで、テラスで簡単なベルギーワッフルを食べました。

巨大なワッフルだったのでフルーツやクリームなしで。できたてで美味しかったです。

巨大なワッフルだったのでフルーツやクリームなしで。できたてで美味しかったです。

テラス席は人気でとても混み合っていたので、なかなか注文を取りに来てくれずに10分以上待つことに。こんな時、ついつい「すみませーん」と声をかけてしまいたくなるのですが、ベルギーでは、ひたすら店員さんにアイコンタクトをしながら待つのが基本です。最初は慣れなかったのですが、これも文化の一つ。待っている間、楽しくおしゃべりしながら待つのも結構楽しくなってきます。

ベルギーのカフェ・ブラッセリーでのマナー
ベルギーでレストランに行く予定の方も多いと思います。食事自体のマナーは日本でフレンチやイタリアンなどを食べる場合と同じですが、文化の違いから、日本では普通にやっていることが通用しな...

食べた後は、海岸線をさらに歩きます。この日は制服姿のヨーロッパの修学旅行生がたくさんいて、みんな海辺でアイスを食べたり、ビーチを走ったりととても楽しそうでした。

よく見かけたのがこの4~5人で乗れるバイク。海岸だけではなく、街中のショッピング通りも走れます。

よく見かけたのがこの4~5人で乗れるバイク。海岸だけではなく、街中のショッピング通りも走れます。

海岸通りにある美術館の一部は、無料で公開されています。オステンドのかわいいポスターがたくさん。

海岸通りにある美術館の一部は、無料で公開されています。オステンドのかわいいポスターがたくさん。

イギリスのドーバー海峡までたった3時間で行けるという古い宣伝ポスター。海が荒れてて結構大変そうです。

イギリスのドーバー海峡までたった3時間で行けるという古い宣伝ポスター。海が荒れてて結構大変そうです。

オステンドからイギリスへ行くフェリーに乗る女の子。公用語が3言語もあるベルギーですが、この時代はフランス語だけが公用語でした。

オステンドからイギリスへ行くフェリーに乗る女の子。公用語が3言語もあるベルギーですが、この時代はフランス語だけが公用語でした。

海だけじゃなく、公園も綺麗なオステンド

海岸にあるカジノのすぐ裏には、レオポルド公園という大きな公園があります。湖と花時計で有名な公園で、園内には彫像がたくさんあり、歩いているだけでも華やかな気分に浸れます。

公園のあらゆる場所に銅像が。こちらは人魚姫。

公園のあらゆる場所に銅像が。こちらは人魚姫。

ブリュッセルのハルの森に負けないくらいの一面の紫の花

ブリュッセルのハルの森に負けないくらいの一面の紫の花

公園のすぐ外にあったかわいいカフェ。庭でカフェ休憩をしました。

公園のすぐ外にあったかわいいカフェ。庭でカフェ休憩をしました。オステンドは本当にカフェが多いです。

買い物しやすいショッピング通り

街のちょうど真ん中、Wapenpleinにあるショッピングセンター。周囲にもカフェやホテルがたくさん。

街のちょうど真ん中、Wapenpleinにあるショッピングセンター。周囲にもカフェやホテルがたくさん。

オステンドの街の中心部には、暮らしに便利なデパートやショッピングセンターもあります。その中でも一番大きいのが、Wapenpleinにある綺麗な建物のショッピングセンター。

一見豪華なデパートのようですが、実はH&MやEspritが入った庶民的なお店で、中には冷房の聞いたアイスやデザートのお店もたくさん。ビーチ関係やちょっとした旅のグッズならここで手に入ります。すぐ近くには、「ベルギーの雑貨屋でお土産を買う」で紹介したHEMAやBLOKKERも。

ベルギーのスーパー・雑貨屋さんでおみやげを買う
現地の人々が食料品や日用雑貨を買いに行くスーパーで、ベルギーチョコのお菓子やハーブ・スパイスやかわいい雑貨など現地価格で購入できます。ここでは、そんなおすすめなスーパーと雑貨ショッ...

夕暮れは海に向かって伸びた道で

レストラン「Markt」でシーフードディナーを済ませ、いよいよ夕陽を見に海岸へ。少し早めのディナーにしたのは、オステンドの商習慣によるもの。オステンドのレストランは、真夏のピーク時以外は8:00~9:00pm頃と早めに閉店するところが多いからです。

美味しかったシーフードディナー。8:30pm閉店と聞き焦りました。

美味しかったシーフードディナー。この日は、お店の人に8:30pm閉店と言われて焦りました。

有力の後は海岸線を歩きます。

ディナーの後は海岸線を歩きます。

海岸には、海に向かって伸びる細長い道があり、絶好の夕陽鑑賞スポットとなっています。

夕陽を見にたくさんの人がビーチに出ていました。

夕陽を見にたくさんの人がビーチに出ていました。

海沿いには不思議なオブジェも

海沿いには不思議なオブジェも

オステンドの情報があるガイドブック

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール