アントワープ ベルギーの観光名所 世界遺産

ノートルダム大聖堂(聖母大聖堂)への行き方と感想

Cathedral of Our Lady

ノートルダム大聖堂(聖母大聖堂)について

世界遺産であり、日本人には「フランダースの犬」に登場する教会としておなじみのノートルダム大聖堂。アニメの名場面に出てきた、ベルギーを代表する画家ピーター・ポウル・ルーベンスの祭壇画がすべて見られます。聖母マリア大聖堂とも言われます。

アントワープの中心にあり、街の歴史を見守り続ける大聖堂

アントワープの中心にあり、街の歴史を見守り続ける大聖堂©www.milo-profi.be

「フランダースの犬」ネロが見た絵

フランダースの犬の最終回、ネロとパトラッシュが天へと召されるシーン。

フランダースの犬の最終回、ネロとパトラッシュが天へと召されるシーン。

物語の最後、疲れ切った少年ネロが見たのは、ベルギーを代表する画家ルーベンスの祭壇画。祭壇画とは、教会の祭壇の後ろに飾られる絵のことで、宗教的な場面を題材にしたものが多いです。 美しい装飾を施したパネルに収められ、2枚、3枚のパネルを組み合わせた祭壇画も多くあります。

ノートルダム大聖堂には、当時のままのルーベンスの祭壇画が合計4点見ることができます。

キリスト昇架

重い十字架を背負い、処刑場であるゴルゴタの丘へ向かって運ばれるイエス。下の「キリスト降架」と対をなす祭壇画です。

キリスト昇架

キリスト昇架

キリスト降架

3つのパネルを組み合わせた三連祭壇画。磔刑に処されたイエスの亡骸が降ろされる場面が描かれている。「フランダースの犬」の最後のシーンで、ネロがどうしても見たかったルーベンスの絵画としても有名。

キリスト降架

キリスト降架

聖母被昇天

大聖堂のパトロンに捧げられた、アントワープ大聖堂のメインとなる絵。もともと「聖母被昇天」の場面は聖書には描かれていないため、教会の祭壇画としてややテーマがずれていますが、この祭壇画をルーベンスが書いた当時、聖母被昇天を描くことは宗教画家の間で大変流行していました(他にも有名な画家がこのテーマで傑作を残しています)

どこかフワフワとした空気感の中、聖母マリアが自分の墓から空に昇っていく様子が天使とともに描かれています。

聖母被昇天

聖母被昇天

キリストの昇天

キリストの昇天

キリストの昇天

見逃せない「フランダースの犬」のモニュメント

日本人なら見逃せない「フランダースの犬」のモニュメント

日本人なら見逃せない「フランダースの犬」のモニュメント©www.milo-profi.be

ノートルダム大聖堂の入り口付近に、石でできたモニュメントがあります。これは、フランダースの犬の名場面を探しに来た日本人観光客に友好の意を表す目的で作られ、日本人向けのメッセージが書かれています。
ネロとパトラッシュの物語を、悲劇としてでなく「希望と友情の物語」とする心温まるメッセージを読むと、アニメの数々の名場面が思い出され、「アントワープに来て良かった」と心から思えます。

「フランダースの犬」
この物語は
悲しみの奥底から見出すことの出来る
本当の希望と友情であり
永遠に語り継がれる私たちの宝物なのです

基本情報

名称
ノートルダム大聖堂(聖母大聖堂)
Cathedral of Our Lady
住所
Groenplaats 21, 2000 Antwerpen
最寄駅
Antwerpen Premetrostation Groenplaats駅(トラム)
最寄駅からの行き方
鉄道の最寄り駅はアントワープ中央駅(Station Antwerpen-Centraal)。そこからトラムに乗り換え約5分でGroenplaats駅で下車後、徒歩3分。トラムは3、5、9、10、11、15の複数の路線が利用可能。
最寄駅からの道順をマップで見る
営業時間
月曜〜金曜:10時~17時
土曜:10時〜15時
日曜:13時〜16時
休業日
1/1
料金
大人:6ユーロ
学生・シニア(60歳以上):4ユーロ
子供(12歳以下):無料
トイレ
URL
公式サイト
*2017年時点の情報です。(ご利用上の注意)

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール