ヨーロッパ旅行のFAQ

ベルギーのカフェやレストランにはお会計のレジがない?

ベルギーの一般的なカフェやレストランはテーブル会計のため、着席したまま会計します。ベルギーは多言語国家のため、下記は、ブリュッセルおよびベルギー南部(フランス語圏)のお会計で使うフランス語について説明します。

食事が終わり、担当のギャルソン(ウェイター)と目があったら、L’addition s’il vous plaît(ラディシオン シルヴプレ→お勘定お願いします)とお願いしましょう。または、手にメモをとるジェスチャーをします。

ギャルソンが伝票を持って来たら、現金かカードで支払いをします。お店によっては、現金だけの場合も。
もし、別会計にした場合は、Additions séparées, s’il vous plaît(アディション・セパレ シルヴプレ)とお願いしましょう。

カフェでは、注文が届いた段階で支払することもできますよ。その場合、ギャルソンはお釣りをテーブルに持ってきた時、支払いが終わった、という印に、レシートの一部を破いたり、レシートを折ったりします。もし、その後チップを払う時には、テーブルにお金を残してください。

ファーストフードや一部のカフェはレジでの会計方式のところもあります。テーブルでお会計のカフェでも、レジにすでに伝票が用意されているケースの場合、途中でレジに行って支払することも可能です。

ベルギーのカフェ・ブラッセリーでのマナー
ベルギーでレストランに行く予定の方も多いと思います。食事自体のマナーは日本でフレンチやイタリアンなどを食べる場合と同じですが、文化の違いから、日本では普通にやっていることが通用しな...
ベルギーって「チップ」を支払う習慣はあるの?
チップは基本的に払わなくて良い 「ベルギーのカフェやブラッセリーのマナー」や「ベルギーのお金について」のページでも書いたのですが、ベルギーにはチップ文化が無いため払う必要がな...

この記事を書いた人

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。