イベント 世界遺産

2014年ベルギー・フラワーカーペットの様子と2016年開催情報

©http://www.flowercarpet.brussels/
©flowercarpet Brussels / shutterstock.com
注:こちらは、2014年の様子を説明しています。2016年の写真や詳しい開催情報は、「いよいよ開催!2016年ベルギー・フラワーカーペットは「日本」がテーマ」をご覧ください。
2016年ベルギー・フラワーカーペットは「日本」がテーマ
2016年のベルギーフラワーカーペットは、日本がテーマでした。開催情報やカーペットの写真、そしてカーペットを彩る日本人アーティストについてご紹介します。...

2014年のテーマは「トルコのカーペット」

世界遺産グラン・プラス広場を花で埋め尽くす「ブリュッセル・フラワーカーペットフェスティバル」。2年に1度、たった4日間だけの特別なお祭りです。フラワーカーペットの大きさは何と77mx24m!

ベルギーの歴史にちなんだデザインが話題になりますが、2014年8月に開催された第17回のテーマは「トルコのカーペット」でした。なぜトルコ?と思いますが、実は2014年は、ベルギーでトルコからの移民を受け入れるようになってからちょうど50年目だったそうです。二つの国と文化の関係を祝い、トルコの花「ベゴニア」を使い、鮮やかなカーペットがグラン・プラスを彩りました。

©http://www.flowercarpet.brussels/
©http://www.flowercarpet.brussels/ こちらは準備中の様子。100人以上で作り上げます

こちらは準備中の様子。100人以上で作り上げます

朝は比較的空いているためじっくり見ることができます。

朝は比較的空いているためじっくり見ることができます。

カーペットを見るには?

©http://www.flowercarpet.brussels/

フラワーカーペットを見るために、チケットを買ったり入場料を払ったりする必要はありません。どなたでもグラン・プラスに行けば見ることができます。ただし、期間中のグラン・プラスは大変混み合うため、朝や夕方以降の人が少ない時間帯を狙っていくのがおすすめ。また、夜のライトアップも美しいため、昼と夜の2回訪れると全く違った雰囲気を味わえます。

©http://www.flowercarpet.brussels/ 夜はライトアップで違った雰囲気に

夜はライトアップで違った雰囲気に

別料金で特別のスポットへ

カーペットが一番美しく見渡せるのは、グラン・プラスの真ん中にあり、一番高い建物である市役所の2階からです。地上からカーペットを見るのとは違い、カーペットを見下ろすことになるため、美しいデザインがよくわかります。人混みを避けたい方やゆっくりデザインを見たい方にはこちらがおすすめ。市役所への入場料は5ユーロ(10歳以下は無料)。

市役所の上からカーペットを見下ろせます!

市役所(写真中央)の上からカーペットを見下ろせます!

フラワーカーペット2016年開催情報 テーマは日本!

2016年のフラワーカーペットの写真詳細は、「いよいよ開催!2016年ベルギー・フラワーカーペットは「日本」がテーマ」もご覧ください。
2016年ベルギー・フラワーカーペットは「日本」がテーマ
2016年のベルギーフラワーカーペットは、日本がテーマでした。開催情報やカーペットの写真、そしてカーペットを彩る日本人アーティストについてご紹介します。...

2年に一度のフラワーカーペット、次回の開催は2016年8月12日から15日まで決定しています。そして、2016年のテーマはなんと「日本」なんです!ベルギーと日本の外交150年を記念して、乃村工藝社の鈴木不二絵デザイナーによる日本の花鳥風月をテーマとしたデザインが、グラン・プラスを彩ります。ヨーロッパ建築と日本風カーペットの組み合わせ、考えてもワクワクしませんか?

日本人デザイナー、鈴木不二絵氏による図案 

日本人デザイナー鈴木不二絵氏による図案が、60万鉢以上のベゴニアやダリアで表現されます©http://belgiumjapan150.jp

フラワーカーペットを見にベルギーへ

日本と深い関係があるベルギー。フラワーカーペットからベルギーに興味を持たれた方には、ぜひ、団体旅行ではなく「個人旅行」をおすすめします。

団体行動で時間の制約があるツアーと違って、自分のペースでゆっくりと、好きなように旅ができる個人旅行は、日本の日常から離れて自分だけの贅沢な時間を過ごすのにぴったりです。空港送迎やガイドサービスも、必要ならば個人で予約できます。

母娘で何度もベルギーを個人旅行した経験から、飛行機やホテルの予約の方法、電車の乗り方などのお役立ち情報を掲載しています。

ベルギーにたった2軒、グラン・プラスが窓から見えるホテル
ベルギーで最も有名な世界遺産の広場、グラン・プラスの中には、実は1軒だけホテルがあります。朝の霧に包まれた広場や、夜の美しいイルミネーションまで、部屋の窓から見下ろすグラン・プラス...
ベルギー行きの航空券を自分で予約しよう
海外行きの航空券の買い方を、初心者向けにわかりやすく説明しています。航空券比較サイトで安いチケットを探して、自分の予算やスケジュールに合わせた航空券を購入できます。...
ベルギーは「個人旅行」で行くべき5つの理由
何度も母娘でベルギーを旅行した経験から、ベルギーは個人旅行でこそ最も楽しめる国だと思っています。ベルギーへの個人旅行には興味があるけど、どうしたらいいのかよくわからない...という...

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。