おみやげ チョコレート

世界一チョコが売れる場所!ブリュッセル空港でチョコレートを買う

BELPLUS編集部
BELPLUS編集部
チョコレート売り場はとにかく広いです。壁一面と、カウンターにチョコレートがずらり。日本円が使えるショップも多いです

1日2トンのチョコレートが売れる場所

世界で一番チョコレートが売れる場所は、なんとブリュッセル空港なんです。ブリュッセル空港の情報によると、年間でなんと815トン、1日にすると2トン以上のチョコレートがブリュッセル空港内だけで購入されています。そのため、ブリュッセル空港もチョコレートの販売には力を入れており、空港だけでも大小様々なチョコレートショップが並んでいます。

 チョコレート売り場はとにかく広いです。壁一面と、カウンターにチョコレートがずらり。日本円が使えるショップも多いです

チョコレート売り場はとにかく広いです。壁一面と、カウンターにチョコレートがずらり。日本円が使えるショップも多いです

ブリュッセル空港のゲートの外にも幾つかのショップがありますが、大きなチョコレートショップは、帰国便のチェックイン後、手荷物検査エリアを抜けた場所にある免税店エリアにあります。そのため、たくさんチョコレートのおみやげを買う方は、少し早めにチェックインして、ゆっくり買い物の時間をとることをおすすめします。多くのショップが、朝6時から夜9時まで開いています。

免税手続きが不要な空港内のショップ

空港内ショップの大きな特徴は、1つのショップに様々なブランドが入っているため、別々のブランドであっても、まとめての購入が可能なこと。ブランドごとにお会計をする必要がありませんし、商品も比較して選べます。まとめてサッと買えるように包装済みのものが多いですが、対面式で一つ一つ選んで買えるお店もあります。

また、空港内は免税のため、消費税(ベルギーはVATと呼ばれます)抜きの値段ですぐに買えることも大きな魅力。購入時には、レジでパスポートと航空券を提示する必要があります。

様々なブランドが同じ棚に並んでいるので、比較が簡単

様々なブランドが同じ棚に並んでいるので、比較が簡単

ブリュッセルやブルージュ市内にもチョコレートショップはたくさんありますが、ゴディバノイハウスレオニダスガレーなどの、ほとんどのチョコラティエのチョコレートは空港のショップでも購入可能。ベルギーチョコレートのブランドなら、一部のローカルなショコラティエを除きほとんどが揃っています。また、日本未上陸のブランドも、安いものから高めのものまでいろいろあります。

ディズニーとレオニダスのコラボ商品も。

ディズニーとレオニダスのコラボ商品も。

日本未出店のノイハウス、バラマキ土産から高級セレクションまで実際の店舗並みに種類が豊富です。空港限定品も

日本未出店のノイハウス、バラマキ土産から高級セレクションまで実際の店舗並みに種類が豊富です。空港限定品も

大切な人への高級チョコからバラマキみやげチョコまで

ブリュッセル空港のショップで目立つのは、高級感あふれる特別なパッケージに入った「大事な人へのおみやげチョコ」と、小さいチョコが個別包装された「バラマキみやげチョコ」の二種類。

空港らしくおみやげとしての需要が高いのか、街のショップではあまり見ない「会社で分けるのに便利だろうな〜」と思わせる小さな板チョコのパックが充実しています。10個入りからバケツサイズの大容量パックまで、様々なサイズから選べるのも便利です。

ブリュッセル空港のショップで買った、箱が綺麗なプラリネセット。価格は街中のショップと変わらないため、免税でさらに安くなりました。

ブリュッセル空港のショップで自分用に買った、箱が綺麗なプラリネセット。価格は街中のショップと変わらないため、免税でさらに安くなりました。

こちらはバラまきみやげ用の、いろいろな味が入った板チョコセット。ベルギーではミニョネットと呼ばれます。

こちらはバラまきみやげ用の、いろいろな味が入った板チョコセット。ベルギーではミニョネットと呼ばれます。

なんと128枚入りの「業務用?」と勘違いしそうなミニ板チョコセット。中は個別包装です。

こちらはなんと128枚入りの「業務用?」と勘違いしそうなミニョネットセット。中は個別包装です。

高級チョコの方は、革張りや特性のボックスに入ったプラリネが多め。プラリネも、シャンパン入りやテキーラ入りなど豪華なものが中心です。免税店らしく、シャンパンやワインと一緒に売られています。

プラリネは崩れやすいため、旅の最後に空港で買う方が綺麗な状態を保てます。

家に帰って開けた自分用チョコレート。プラリネは崩れやすいため、旅の最後に空港で買い、手荷物で持ち込んだほうが綺麗な状態を保てました。

お土産にぴったりなブルージュやブリュッセルの「ご当地パッケージ」のチョコレートも、空港ならまとめて買うことができます。

お土産にぴったりなブルージュやブリュッセルの「ご当地パッケージ」のチョコレートも、空港ならまとめて買うことができます。

好みに合わせて選べます

空港は、多種多様な人種・民族の人がおみやげを買うところ。そのため、チョコレートの選択肢の幅も広いです。血糖値が高めの人のための低糖チョコレート、アルコールフリーのチョコレートなどのセットも充実。好みに合わせて選べます。

ホワイトチョコレートが苦手な人のために、ダークチョコレートだけを詰めたアソートも購入しました。

ホワイトチョコレートが苦手な人のために、ダークチョコレートだけを詰めたアソートも購入しました。プラリネは中にお酒が入っているタイプも多いですが、これはアルコールフリーです。

チョコレート以外のお土産もいろいろ

チョコレートの他に種類が多いのは、ベルギービールです。空港でしか買えない限定品や、いろいろな種類のビールを集めたバラエティセットも多く揃っています。やはりビールは重いので、最終的に空港で買うのが一番です。

かなりの人が買っていた、人気のベルビービール3種類とペアリングしたチョコレートのセット。

かなりの人が買っていた、人気のベルビービール3種類とペアリングしたチョコレートのセット。

Duvelは持ち運びしやすい缶入りも販売されていました。

Duvelは持ち運びしやすい缶入りのタイプも販売されていました。

ビールの他にも、お菓子では、日本でも人気のダンドワやデストルーパーのクッキー・ビスケット類もかなりの種類が揃っています。

おみやげでよくリクエストされる、デストルーパーのバタークリスプですが、紙のパッケージのものだと中の薄いビスケットが壊れやすいので、旅の最後に空港で買うのが一番いいです。イラストが可愛い缶のものも、季節限定からクラシックタイプまでいろいろな種類・サイズが揃っています。

JULES DESTROOPER(ジュールス・デストルーパー)とマグリットの限定コラボ缶。中はバタークッキーです。

JULES DESTROOPER(ジュールス・デストルーパー)とマグリットの限定コラボ缶も空港で買えます。

他にも美食の国らしく、パテやチーズ、生ハムなども手荷物サイズのものが揃っています。

チーズ・ワイン・生ハムなどが一度に買えるグルメ専門ショップもターミナル内に複数あります。

チーズ・ワインなどが一度に買えるグルメ専門ショップもターミナル内に複数あります。

ビール、ジャム、チョコレートペーストなどの「ビン類」は空港で買うのがおすすめ

ビール、ジャム、チョコレートペーストなどの「ビン類」は空港で買うのがおすすめ。こちらは、ヌテラより美味しい!コートドールのチョコペースト。

また、空港では期間限定セールを開催することも。うまくいけば、有名チョコレートブランドの半額セールに出会えるかも。下のノイハウスチョコレートは、箱がちょっと凹んでいたという理由でなんと半額で販売。自分用のお土産に、おすすめです?

Quick Saleの名前の通り、あっという間に売り切れる空港限定のセール。レジの近くをチェックしてみてください。

Quick Saleの名前の通り、あっという間に売り切れる空港限定のセール。レジの近くをチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー好きな有志とベルギー現地在住スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール