カフェ・レストラン

ベルギーのローカルフードを食べよう

何種類ものソースが選べます。

美食の国でローカルフードにチャレンジ

ムール貝、白アスパラガス、うなぎのグリーンソース、Vol-Au-Vent(鶏肉のパイ包み)…など、ベルギーには美味しいものがたくさん。ですが、美食の国で味わえるのは名物料理だけではありません。これらの味をレストランで堪能した後は、ベルギーの「ふつうごはん」も楽しんでみませんか?

ベルギーワッフル

ベルギーで食べられるワッフルには2種類あります。薄くふわっとした食感で、お皿でクリームやフルーツを添えて食べる「ブリュッセル風ワッフル」と、厚さがありどっしりとした食感で、紙やプラスチックのトレーで食べる「リエージュ風ワッフル」です。ベルギーではこれらは別々の食べ物として考えられています。滞在中はぜひ2つの味の違いを比べてみてください。

ブリュッセル風ワッフルはベルギーの主なカフェで、リエージュ風ワッフルは駅や大通りの屋台なので食べることができますが、両方を一度に味わってみるなら、ブリュッセルの老舗「Maison Dandoy」のティールームがおすすめ。人気のお店なのでいつも混み合っていますが、日本語メニューもあるため気軽に注文できます。

ブリュッセル風ワッフルはカフェでナイフとフォークで食べます。お好みのフルーツで。

ブリュッセル風ワッフルはカフェでナイフとフォークで食べます。お好みのフルーツで。

リエージュ風ワッフル。駅や屋台の定番。

リエージュ風ワッフルは駅や屋台でおやつとして食べる定番。

フライドポテト

日本との違いは選べるソースの多さ。もちろん塩だけでもOK

日本との違いは選べるソースの多さ。もちろん塩だけでもOK

ベルギーの街を歩いていると、フライドポテトを食べながらおしゃべりしている人を多く見かけます。ベルギーでは、フライドポテトはハンバーガーのサイドメニューではなく、それだけで食べるメインの軽食です。街のあちこちにはフライドポテトの専門店や屋台(フランス語でフリッタリー、オランダ語でフリットコットと呼びます)があり、それぞれのお店がオリジナル性を出すために、面白い看板を掲げています。

フレンチフライは注文してから揚げるため、いつ行っても出来立てが食べられるのが魅力。一番小さいサイズでも日本の普通サイズより大きいくらいで、値段は2ユーロ程度とかなり安いため、滞在中は何度でも楽しめます。

ソースについて

大人気のために家庭用に販売しているサムライソース。ベルギーのスーパーで買えます。

大人気のために家庭用に販売しているサムライソース。ベルギーのスーパーで買えます。

ベルギーのフライドポテトの美味しさの秘密はポテトの品種。日本にはない「Bintje」という特別なタイプのポテトを使用しているため、外はカリカリ、中はほっこりの食感が楽しめます。このポテトで作ったフライドポテトはギトギトしないのも特徴で、たくさん食べても思ったほど胃もたれしないのが不思議です。

ベルギーで食べるフライドポテトにしかない魅力はもう一つ。ポテトにつけるソースの多さです。ソースの種類はお店によって様々ですが、30セント程度で好きなものを選ぶことができます。定番のケチャップやマヨネーズの他にも、ベルギーにしかないオリジナルソースまで様々。

その中でも、日本人なら絶対気になってしまうのがマヨネーズに唐辛子をミックスした”サムライ”と呼ばれるソース。なぜこの名前で呼ばれるようになったかは不明ですが、辛いソース=アジアのイメージからサムライになったという説も。

クロックムッシュ(Croque Monsieur)

チーズがベルギーならではの美味しさ

チーズがベルギーならではの美味しさ ©Wikimedia

ベルギーのカフェで必ずといっていいほど見かける軽食の定番。パンにハムとチーズをはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼いたトーストサンドです。日本と違うのは、やはりチーズとハムの美味しさ。観光客向けの店では、いろいろな食材を挟んだバリエーションも見られますが、ハムとチーズがローカルのお約束。5~6ユーロ程度の手頃な価格も魅力です。

サンドイッチ

バゲットの美味しさも魅力

バゲットの美味しさも魅力

ベルギーの街を歩いていると、お昼時に列ができているお店があります。多くの場合、地元っ子に愛されるサンドイッチのお店です。ベルギーのサンドイッチは、バゲットに野菜や肉を挟むヘルシーかつシンプルなもの。おすすめは、出来たてを食べられるカウンターで注文するタイプのお店。ガラスケースの中から好きな食材を選んでもいいし、メニューにある食材の組み合わせのから注文してもOKです。価格は3~5ユーロと手頃。

おすすめサンドイッチメニュー

américain / martinoレアの赤身のタルタルと野菜を挟んだもの。ハーブやケチャップで下味がついています。
smos(オランダ語)/dagobert(フランス語)チーズ、トマト、レタス、卵の組み合わせ。チーズの種類はお店によって違いますが、ゴーダチーズなど味が濃いものが多いです。

グリルドソーセージ

wurst
休日のベルギーでは、いろいろな場所でファーマーズマーケットが開催されています。とれたての野菜や美味しそうなチーズ、丸ごとグリルしたチキンなどが並ぶ中を歩くのはとても楽しいです。通常、マーケットには買い物客の為にコーヒースタンドや軽食の屋台が出ていますが、その中でも一番人気なのがハンバーガーのお店。

このハンバーガーの屋台を見つけたら、ハンバーガーよりもぜひ試してみたいのが、注文するとその場でグリルしてくれるソーセージ。ヨーロッパらしいぎっしり詰まった肉とハーブのミックスは日本のソーセージとは一味も二味も違います。

ソーセージには主に「白」と「黒」の2種類あり、黒は別名をブラッドソーセージとも言い、その名の通り材料に血が使われています。ヨーロッパの伝統食ですが、野生的な味が苦手な方は白をおすすめします。

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール