ヨーロッパ旅行のFAQ

ヨーロッパのレストランの「フォーマルな服」って?

ヨーロッパ旅行のFAQ

レストランによってフォーマルな服の基準は多少異なりますが、ミシュランの三ツ星レストランでも、タキシードやロングドレスなどを着たら、逆に浮いてしまいます。

ほとんどのレストランは、一般的なスマートカジュアルや少しドレスアップした正装で問題ありません。

男性の場合、スーツまたはジャケットにYシャツ、(ネクタイ)、革靴。

女性の場合、ワンピースまたはスーツにブラウス、ハイヒール、必要に応じてアクセサリー、という感じです。

あまり露出の多い服装(極端にスカートが短い、ショートパンツ、ノースリーブのワンピースなど)やカジュアルすぎる服装(Gパンやスニーカーなど)、派手過ぎる服装などは避けましょう。

ノースリーブのワンピースの場合、ジャケットやおしゃれなカーディガンがあると便利です。

アクセサリーはパールや金、銀などシンプルなものが無難でしょう。

周りのお客さんの雰囲気とあっていればいいので、ファッショナブルな最新のレストランなどでは、ブーツを履いたり、多少カラフルな服装を着たりしても、大丈夫です。

あると無いではかなり違う、海外対応スチームアイロン

スーツケースなどで運ぶため、なるべくしわにならない素材がおすすめです。しわになる素材の服で行かれる方は、現地滞在中でも使える携帯用スチームアイロンの利用がおすすめ。スーツケースの持ち運びでついた折りたたみ線も一瞬で取れます。

下記のアイロンは、ベルギーを含めヨーロッパで海外対応している優れもののコンパクトアイロン。アイロン台を使わず、服をハンガーにかけて利用します。

海外対応しているので電圧は問題ありませんが、ベルギーと日本ではコンセントの形状が違う(ベルギーはCタイプ)ため、変換プラグの購入が別途必要です。コンセントの先に装着することで、現地で使えるようになります。

日章工業 変換プラグセット(Cタイプ2ヶ入り) L-03
  • 日章工業(NISSYO INDUSTRY)
  • 価格 ¥ 449 ¥ 626
  • 販売者 Amazon.co.jp
詳細を見る

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。