ユーレイルパス 国外へ移動

ヨーロッパ鉄道旅行に便利な「ユーレイルパス」の選び方

ユーレイルパスの選び方

ユーレイルパスとは

eurailpassベルギーやその周辺の国を鉄道で旅行する方には、「ユーレイルパス」というとても便利でお得なチケットがあります。ちょうど日本の鉄道やバスの「1日乗車券」と似ていて、有効期間内であれば、何度でも、距離に関係なく、列車に乗ることができます。

普通電車、快速電車など一般の電車の場合、パスを持って電車に乗るだけです。乗車時の手続きは必要ありません(最初だけ乗車前の手続きが必要です)。毎回切符を買う手間がはぶけますし、ベルギーのすべての電車が乗り放題になるので、行く予定ではなかった街に訪れることにした場合など、フレキシブルに対応できます。

また、ユーレイルパスにはヨーロッパの国同士を結ぶタリス、ユーロスター、TGVなどの高速鉄道(日本の新幹線にあたります)にも特別価格で乗車できます。そのため、鉄道で複数の国を訪れる「ヨーロッパ周遊」を考えている方にはとてもお得なパスとなっています。

ユーレイルパスの購入から利用までのステップ

1.行きたい国とパスを使う日数を決めます

imagesユーレイルパスは、ヨーロッパで鉄道を利用する国の数によって、様々なタイプに分かれています。例えば、2〜3カ国にしか行かないのであれば、ヨーロッパのすべての国で使えるパスを買わなくても、自分の行く国だけを対象にしたもっと安いパスが選べます。

そのため、事前に自分が行きたい国をしっかり決めておくことが大事です。ベネルクス3国とよばれるベルギー・オランダ・ルクセンブルグにフランスやドイツを合わせたパスは人気の組み合わせのため、それぞれ専用のユーレイルパスが販売されています。

また、パスを使う日数によっても料金が変わります。旅行期間中、鉄道を使うのは何日間になるかを数えてみてください。例えば、1/1から1/10までの旅行で、そのうち1/3、1/5、1/8に鉄道で移動する場合、計3日間の有効期間があるパスを買うことになります(使用日は連続していなくてもかまいません)。

2.自分の旅行プランにあったユーレイルパスを購入します

行きたい国と利用日数が決まったら、自分にあったユーレイルパスを購入します。このページの最後に、パスの種類別一覧がありますので参考にしてください。

使用予定日の6ヶ月前より、ヨーロッパの鉄道チケットを購入できる公式サイト「レイルヨーロッパ」のサイトから日本語で購入手続きができます。(JTBやHISなどの旅行代理店でも購入を頼めますが、代行手数料がかかります。手続きはとても簡単なので、自分で購入するのをおすすめします。)
購入にはクレジットカードまたはコンビニ支払いが利用できます。

購入したユーレイルパスは、日本の住所まで郵送されます。確実に受け取るためにも、旅行前に余裕をもった購入をおすすめします。
また、購入日から6ヶ月以上経過したユーレイルパスは残念ながら無効となります。旅行の日程が変更になったなどの理由で、購入日から使用日まで6ヶ月以上開きそうな場合は、レイルヨーロッパ公式サイトより日程変更手続きを行ってください。

3.ユーレイルパス購入後、座席指定が必要な列車の座席指定券を購入します

ちょっとわかりづらい話ですが、ユーレイルパスだけではタリス、TGV、ユーロスターなどの高速列車に乗ることはできません。これらの電車は全て座席指定のため、その指定券を別に購入する必要があります。

タリス・ユーロスター・TGVはユーレイルパスだけでは乗れません。

ユーレイルパスを購入した方は、座席指定券を「特別割引価格」で買うことができます。日本の新幹線とは違い、乗車日が近づけば近づくほど料金が高くなるしくみなので、こちらもユーレイルパスを買ったあとに、同じサイトで続けて購入することをおすすめします。(3つの列車とも、一般的に、乗車日の2ヶ月前から料金が高くなっていきます)

購入時に、先ほど購入したユーレイルパスのタイプを入力することで、特別割引価格が適用されます。

タリスを使ってブリュッセルからパリ・アムステルダムへ、またはTGVを使ってリヨン・マルセイユやディズニーランドパリに行く予定の方は、人気の区間なので特に早めの購入をおすすめします。

4.使用する最初の日、現地の駅で「今日から使用する」ための手続きをします

これを「バリデーション」または「アクチベーション」といいます。ユーレイルパスは、そのまま持っているだけでは使えません。使用する最初の日に現地鉄道駅の窓口に行き、パスポートを一緒に提示し、スタンプを押してもらう必要があります。そこで使用日が確定されるので、その日から指定した有効期間の範囲で使うことができます。
使用開始日に駅の窓口でパスポートと一緒に提示します。スタンプと日付を記入してもらえば完了です。

使用開始日に駅の窓口でパスポートと一緒に提示します。スタンプと日付を記入してもらえば完了です。

5.有効期間内なら、何度でも乗り放題!

ベルギーの場合、ベルギー・オランダ・ルクセンブルグは一カ国とみなされるため、国内を移動する一般的な列車には好きなだけ乗ることができます。座席指定もないので、駅に行って好きな電車に乗るだけです。

タリスでブリュッセルからパリやアムステルダムに行く時は、ユーレイルパスとともに、ステップ3.で事前に購入した座席指定券を持って乗ります。

ベルギーには改札がなく、電車の中で駅員さんが切符のチェックに来るので、その時にユーレイルパスを提示してください。時々、パスポートの提示も一緒に求められる場合があります。

ユーレイルパスでベルギーからオランダへ。タリスのチケットは特別料金で購入できます。

ユーレイルパスでベルギーからオランダへ。タリスのチケットは特別料金で購入できます。

ベルギーで使えるユーレイルパスの種類一覧

ベルギーはヨーロッパの中心にあるため、他国へ行くことを想定した専用パスが多く販売されています。クリックすると、それぞれのパスの詳しい説明、料金、購入手続きをご紹介します。

ベネルクス3国とは?

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグの3カ国は、過去の歴史から、ヨーロッパでは「ベネルクス3国」とまとめて呼ばれることが多いです。そしてユーレイルパスでも、これらベネルクス3国をまとめて1つの国として取り扱っています。普通は国ごとに料金が加算されるユーレイルパスですが、ベルギー・オランダ・ルクセンブルグの場合は、1か国の料金で3カ国に行くことができるお得な料金設定になっています。そのため、ベルギー1カ国だけのユーレイルパスは存在しません。

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール