ヨーロッパ旅行のFAQ

ボンジュールの意味は?旅行で使う基本のフランス語

ヨーロッパ旅行のFAQ

「ボンジュール」=「こんにちは」

ボンジュール(Bonjour)は、日本語でいうと「こんにちは」になります。ホテルでチェックインする時、レストランやショップに入った時、バスに乗るとき…なんらかの人と人とのコミュニケーションの始まりは、いつも「ボンジュール」です。道を歩いていてすれ違う人にも、時々「ボンジュール!」と言われて微笑まれることがあります。

ボンジュールと言われたら

そのまま「ボンジュール!」と返します。

日本のショップでは、店員さんが挨拶をしてもお客さんは返さないのが普通ですが、ベルギーやフランスでは挨拶を返すのがマナーです(返さないと、無視しているととられます)。

一日中ボンジュール?

日本の「こんにちは」が「こんばんは」になるように、ボンジュールも日没後は「ボンソワール」になります。ジュールが「日」であるのに対して、ソワールは「夜」。

明確に何時からという区別はありませんが、私は19時ごろからは外が明るくても「ボンソワール」に切り替えています。(ヨーロッパの夏は22時まで明るいのですが、ずっとボンジュールはさすがに変です)

ボンジュールの後に続く言葉は?

英会話と同じように、挨拶を交わした後は、「元気ですか?」と続くのが一般的です。一番よく使われるのが、「ca va(サバ)?」という言い方。

– Ca va?(サバ? / 元気ですか?)
– Qui, ca va bien. (ウィ、サバ ビエン。はい、とても元気です)

のように答えます。

自分が答えた後で、相手にも同じことを尋ねるには

自分が答えた後は、礼儀として相手にも「元気ですか?」と尋ねます。

年上、もしくは親しくない相手に尋ねる場合、「あなた」に相当するvous(ヴー)を使います
– Ca va bien, et vous? (サバ ビエン、エヴー? / とても元気です、で、あなたは?)

年下や親しい人に「元気だよ、そっちは?」と答える場合は、toi(トワ)というカジュアルな表現を使います。
– Ca va bien, et toi? (サバ ビエン、エトワ? / とても元気だよ、で、そっちは?)

WRITER

Hanna

Hanna

ルーヴェン大学卒業、現在ベルギー・アントワープ在住。ベルギーの文化、歴史、言語に関する記事を担当しています。好きなビールはDuvel。