マルタをのんびりと母娘旅行したいと思った私たち。マルタ空港からバスで一本、バスターミナルを降りてすぐの場所にあるブティックホテルに宿泊した後、翌日はこれまた近くのフェリーターミナルからフェリーに乗り、対岸にあるバレッタという都市に向かいました。

母娘旅行記:マルタ島でおすすめのキッチン付きアパートホテル
マルタ島には、美しいホテルから最新型のホテルまでがあり、どのホテルも比較的安く泊まれるのが魅力。今回は、新鮮な地元の素材をスーパーで買ってアパートホテルで料理して食べました。費用を...

フェリーはヴェネツィアの水上バスと同じような存在で、観光客だけでなくローカルの人々も利用します。船の上から、だんだん近づいてくる古代都市を見るのはため息ものです。

アパートホテルはバレッタを見渡せる海岸沿いにあります。すぐ近くにはスーパーやショッピグモール、そしてバレッタへのフェリー乗り場も。

アパートホテルはバレッタを見渡せる海岸沿いにありました。すぐ近くにはスーパーやショッピグモール、そしてバレッタへのフェリー乗り場も。

バレッタのフェリー乗り場から10分ほど歩けば、もう街の中心部です。世界遺産に認定されているため、美しい景観を保つための工夫がいろいろとされていることに気がつきました。派手派手しい看板は極力控えめで、「マルタストーン」とも呼ばれる蜂蜜色の石灰岩でできた建物が並びます。

特にかわいいと感じたのは、家の2階部分にある「ガラリア」という突き出たバルコニー。16世紀の建設当時の姿のまま、現在は飾り窓になっていたり、洗濯物が干されていたり…この島で暮らす人たちの生活を見ることができます。

2階段部分がせり出した出窓構成になっています。

2階段部分がせり出した出窓構成になっています。

意外だったのは、かなり坂道が多いこと。地図で見ただけでは平らな島のようでしたが、実際はかなりの高低がある島で、坂道もたくさんあります。背の高い建物に区切られた、海に向かって続く下り坂の美しさはまるで映画のワンシーンのようでした。

坂道が多いバレッタ。その分、少し坂を登るだけで美しい高台からの景色を見ることができます。

坂道が多いバレッタ。その分、少し坂を登るだけで美しい高台からの景色を見ることができます。

カラヴァッジオの絵がある聖ヨハネ大聖堂へ

聖ヨハネ大聖堂の入り口。一見質素ですが、中は豪華絢爛というギャップ。

聖ヨハネ大聖堂の入り口。一見質素ですが、中は豪華絢爛というギャップ。

ヨーロッパの芸術が好きで、これまでベルギーをはじめ、イタリア、フランス、イギリス、スペインなどの美術館巡りをした私たち(旅行記が全然追いつきません!)。今回のマルタの旅でも、おかんが特に楽しみにしていたのが、この聖ヨハネ大聖堂にあるカラバッジオの絵です。

聖ヨハネ大聖堂の豪華絢爛な内装は、激戦の末に島を守り抜いた騎士団が受け取った莫大な金額を思わせられます。

聖ヨハネ大聖堂の豪華絢爛な内装は、激戦の末に島を守り抜いた騎士団が受け取った莫大な金額を思わせられます。

聖ヨハネ大聖堂はヨハネ騎士団の教会として造られました。一歩脚を踏み入れると、色とりどりの大理石が床一面に敷き詰められています。それは一見芸術作品のようにも見えますが、400にも及ぶ騎士たちの墓碑であり、このマルタだけでなく、ヨーロッパを守るために奮闘した、騎士団の功績を讃えるためのものだそうです。

他の聖堂との圧倒的な違いは床!大理石の墓碑は一つ一つ異なり、当時の人々の聖ヨハネ騎士団に対する想いが込められています。

他の聖堂との圧倒的な違いは床!大理石の墓碑は一つ一つ異なり、当時の人々のヨハネ騎士団に対する想いが込められています。

一つ一つの墓碑は、コミカルなものもあれば、美しいもの、ぎょっとするものもあり。ヨーロッパの中世の絵画には「死」のアトリビュートとして骸骨が出てきますが、この墓碑はそれ自体が死を表すためか、それよりも英雄や勝利を讃える明るいデザインが多いように感じました。騎士団が戦いに勝った後で、ヨーロッパ中から寄付を集めて作った街の中心となる教会のため、戦いに貢献した戦士の墓碑は特に美しくつくり上げたのかもしれません。

とにかく豪華な大理石の墓碑。状態も美しく保たれているので、あまり悲壮感はありません。

とにかく豪華な大理石の墓碑。状態も美しく保たれているので、あまり悲壮感はありません。

そして、この聖ヨハネ大聖堂のもう一つの名物は、ここでしか見られないカラヴァッジオの「聖ヨハネの斬首」と「聖ヒエロニムス」の二つの絵。写真撮影は禁止ですが、教会から続くこの通路を通って、別室で見学します。

聖ヨハネ大聖堂から別室に移動します。

聖ヨハネ大聖堂から別室に移動します。

街の中心部にある大聖堂周辺には、カフェやレストランもたくさんありました。

大聖堂前の広場にあるカフェでランチを食べました。

大聖堂前の広場にあるカフェでランチを食べました。

まるでマンハッタン?!美しく整備された碁盤目状の道

世界遺産の街バレッタの始まりは、激戦の末にこの島を守り抜いた聖ヨハネ騎士団。勝利の後、ヨーロッパからの寄付により資金力をつけた騎士団は、将来の戦いに備えて、この海に囲まれたバレッタを最強の要塞都市にするべく動き出します。一番わかりやすいのは、まるでマンハッタンのように碁盤目状に美しく並ぶ道。騎士達が迷わずに直ちに沿岸に駆けつけられるようにデザインされたそうです。そのため、観光客だった母娘も、道に迷うことはありませんでした。

道の両側が階段状になっている箇所は歩きやすいです。途中のカフェでついつい休憩してしまいます。

海に向かって美しく伸びる道。道の両側が階段状になっている箇所は歩きやすいです。途中のカフェでついつい休憩してしまいます。

そしてもう一つは、見晴らしのいい場所に並ぶ砲台。海が望める絶景は、かつては海からの侵入者を検知するための物見台としての役割がありました。バレッタに数カ所あり、今では観光名所となっているところが多いです。砲台もあり、この島が要塞として作られたことを実感します。

見晴らしのいい場所は、かつて海からの侵入者を監視する場所

見晴らしのいい場所は、かつて海からの侵入者を監視する場所

街じゅうが世界遺産に認定された都市、バレッタ。マルタ島のおすすめホテル。

バレッタは外から見ても美しいです。マルタはどこに行っても絶景が見られます。

そのほかのマルタ旅行記はこちら

母娘旅行記:マルタ島でおすすめのキッチン付きアパートホテル
マルタ島には、美しいホテルから最新型のホテルまでがあり、どのホテルも比較的安く泊まれるのが魅力。今回は、新鮮な地元の素材をスーパーで買ってアパートホテルで料理して食べました。費用を...

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール