ベルギーが大好きで、これまでに何度もブルージュに足を運んだ私たち。10年前の初回訪問時から現在までに撮った、とっておきの美しいブルージュの写真たちを厳選して掲載します。全て母娘が撮影したオリジナル写真です。

水の都、ベルギーのベネチア、屋根の無い美術館…ブルージュという街の美しさは、様々な言葉で讃えられています。ベルギーの美術や文化が大好きで、これまでに何度もこの国を訪れた私たち母娘も、ブルージュは大好きな街です。大好きな街だからこそいつも思うのが、「ブルージュ」を紹介するのに出てくるのが毎回同じ写真なこと。

どのような写真かというと…。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ブルージュといえば、この写真!母娘も同じアングルで写真を撮ってみました。

ガイドブックやパンフレットに必ず出てくるこの写真は、ブルージュの美しさ(鐘楼、赤レンガの街並み、運河)が揃った絶好のアングルで撮影されています。確かに綺麗なのですが、ブルージュにはこれほど有名ではないけど、他にも写真映えする素敵な場所がたくさんあるんです。

そこで今回は、過去のブルージュの旅行写真から、特に素敵だった写真を集めて、撮影場所とともに掲載したいと思います。写真は全部母娘オリジナル(母の撮影が多め)です。ブルージュにこれから行く予定の方も、リピートする方も、次回の旅行の参考にしていただけると幸いです。

ブルージュを代表する光景。小さな橋と運河

まずは、母娘もお気に入りのこの一枚。ミケランジェロの聖母子像がある聖母教会グルートゥーズ博物館のそばにある、「ボニファシアスの石橋」から見る美しいブルージュと、運河クルーズを楽しむ人たちの写真です。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ブルージュの運河クルーズで見えるのはこんな風景。この写真は、ブルージュの有名なボニファシアスの石橋から

ブルージュの有名な「ボニファシウスの橋」への行き方
ボニファシウスの橋について ブルージュが大好きで、これまでに何度も訪れている私たち母娘。今では路地裏のレストランもわかるくらい旅慣れてきたのですが、ブルージュに初めて来た時に「ボ...

運河クルーズは、写真で撮るだけでなく、実際にクルーズを楽しんできました。クルーズ中に撮ったたくさんの写真は、以下のページでまとめて掲載しています。

クラシカルな馬車と石畳

ブルージュのもう一つの絶対やるべきこととしてお馴染みなのが、街じゅうを走るかわいい馬車たち。少しずつ違いはありますが、どれもクラシックなデザインで、中世の貴族の気分を味わえます。下の写真は、左側はベギン修道院がある愛の泉前の広場、もう一つが街の中心にあるマルクト広場で撮影したもの。どちらも馬車の発着場になっているので、撮影チャンスがいっぱいです。もちろんここから乗車することも可。

 石畳の道とクラシカルな馬車。中世の気分を味わえます。

この二つの場所に限らず、馬車の目撃度はバス並みです。

観光ルートに沿って走るのかと思いきや、かなり中心部から離れたところでも見かけたので、もしかしてタクシー代わりに使ってもいいのかもしれません?!ブルージュでは、車道を車と同じように走ります。

ベルギー・ブルージュの馬車の乗り方ガイド
初めてのブルージュで欠かせないのが、赤レンガの街並みと石畳の道を馬車で走ること。馬車の写真や乗車乗り場、そして料金について解説しています。...

お城ホテル、運河ホテル。ブルージュには豪華なホテルがいっぱい

次の写真は、ブルージュの中心部にある公爵の館を改装したホテル「デュークス パレス」に泊まった時の写真(ホテルの中の写真、感想はこちら)。ブルージュにはかわいいホテル、豪華なホテルがたくさんありますが、ここはどの場所を撮っても絵になる素敵なホテルでした。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ホテルの内部から、ブルージュの街並みを撮った一枚。屋根についた小さなモチーフがかわいいです。

ブルージュのおすすめホテル 「デュークス パレス」
ブルージュで一番のおすすめホテルは、昔は公爵の邸宅だった15世紀の建物を利用した「デュークス・パレス」。実際に泊まった宿泊体験記を写真付きで掲載しています。...

ブルージュには他にも素敵なホテルがいっぱい。運河沿いのホテルでもう一つおすすめなのが、これ以上ないロケーションにある「ルレ ブルゴンディッシュ」。映画の撮影にも使われ、運河クルーズのハイライトとして必ず紹介される超有名ホテルです。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

クルーズ中に見たルレ・ブルゴンディッシュホテル。ブルージュでも数少ない、木とレンガの独特のハ-フティンバー様式です。

ブルージュの運河ボートクルーズの乗り方と料金
ブルージュで一番感動したのが、ボートに乗って運河から街を眺めるクルーズです。運河からしか見えないもう一つのブルージュが味わえます。チケットの料金からボートの乗り方、そしてボートから...

鐘楼の真下にあるカフェ(と、苦い思い出)

次の写真は、世界遺産で有名なブルージュの鐘楼に登って景色を見た後で訪れた、鐘楼と同じ建物内にあるカフェ。鐘楼の下はショッピングアーケードのようになっており、他にも小さなギフトショップがたくさんあります。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ブルージュの鐘楼にあるカフェからの風景

ただし、母娘はこの写真に苦い思い出が。当時、まだヨーロッパ旅行の経験が少なかった私たちは、このカフェ近くのお店で親切に声をかけてくれたショップの店員さんと話したあとで、オリジナルのアート作品(といっても2,000円くらいでしたが)を強引に売りつけられたという苦い思い出があるからです。

きっぱりと断れたのでよかったのですが、親切にしてもらったのに恩を仇で返した?というような罪悪感が残ったのと、結局押し売りのための親切だったんだという情けない気持ちが残り、この写真を見ると未だに思い出します。結構前なのでもう営業していないかもしれませんが、自戒を込めて下記のような記事を書かせていただきました。

[治安] ヨーロッパ旅行で身を守るためにできること
日本より悪いと言われるヨーロッパの治安。ですが、ちょっとしたことに気をつけるだけで、旅で危険な目に遭う確率はぐっと低くなります。...

ブルージュらしい、建物の間の小さな道

ちょっと脱線してしまいましたが、次は鐘楼から歩いて5分、ブルグ広場を抜けてビスマルクト方面に向かう時の小さなアーチがある道です。ここを抜けると、運河沿いの雑貨マーケットにたどり着きます。

建物と建物の間に小さなアーチの道が。

ブルグ広場からビスマルクトへの境界線。建物と建物の間に小さなアーチの道があります。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

日中は人だらけなので、ホテルの朝食前に出かけてきました。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

公文書館と市役所の見事な装飾は必見

ファストフードもおしゃれです

次に、肉食な母のために行ったハンバーガーショップ「エリスグルメバーガー」での一枚。この写真そのままの、小さくて可愛らしいお店です。ブルージュには高級レストランもたくさんありますが、手軽に美味しいお肉を味わえる、グルメバーガーはおすすめです。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ベルギーで一番美味しいグルメバーガーのお店

ベルギーで一番美味しいハンバーガー「エリスグルメバーガー」
ベルギーには現在、大人気のグルメバーガーのお店「エリスグルメバーガー(ellis GOURMET BURGER)」があります。ブルージュ店に行ってきた感想と写真です。...

ブルージュでショコラティエ巡り

次に、母娘ともに美味しさに感動した「ショコラティエ・デュモン」のショップの写真です。創業時からずっとここにある赤レンガのかわいい家は、3匹のこぶたの挿絵みたい!と思わず声をあげてしまいました。外観のイメージ通り、家庭的な手作りチョコレートを作り続けています。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ショコラティエ・デュモンのおとぎ話に出てくるようなかわいい店舗

デュモンの歴史については、こちらの記事をどうぞ。

ブルージュのおすすめチョコレート店ベスト3
ベルギーのブルージュで絶対に訪れたいおすすめのショコラティエをご紹介。実際に行った時の感想と写真も多く掲載しています。...

ブルージュ観光のハイライト、鐘楼へ

赤レンガの街並みは、ブルージュの特色でもあります。ブルグ広場あたりのフランボワイヤン・ゴシック建築は赤レンガではないのですが、それ以外の建物は、一般的な家も含めて赤レンガの家がかなりの割合を占めます。ブルージュの地形は平らなので、そんな街並みを眺めるには、ブルージュで一番高い鐘楼に登るのが一番のおすすめです。

何度か鐘楼に登った(階段のみでいいトレーニングになります)母娘が、特にお気に入りなのがこの2枚。別々の年に撮ったので光の加減などはちょっと違いますが、晴れている日はかなり遠くまで景色が見渡せます。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

こんにちはブルージュ!と言いたくなる素敵な景色。中世と変わらない風景を楽しみました。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

鐘楼から見た、赤いレンガの屋根が広がるブルージュの街並み。規則正しく並んでいる様は、まるでおもちゃのようです

お水は無料ではなく注文します

次の写真は、おかんが撮影した「ベルギーのミネラルウォーター」。美術好きサークルの仲間に、「水が有料で、しかもこんなに小さいボトルなのよ〜」ということを訴えたかったそうです。ベルギーの夏のカフェの雰囲気がよく出ている一枚。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

夏のブルージュと、ミネラルウォーター

水が有料なこと、そして何も言わないと炭酸が出てくること、その他カフェでのマナーや注文の仕方については、下記にまとめています。初めてのベルギー訪問の方に、ぜひ読んでいただきたいです。

ベルギーのカフェ・ブラッセリーでのマナー
ベルギーでレストランに行く予定の方も多いと思います。食事自体のマナーは日本でフレンチやイタリアンなどを食べる場合と同じですが、文化の違いから、日本では普通にやっていることが通用しな...

食べた後も使いたい、かわいいお菓子の缶たち

次は、ブルージュのご当地お土産の中で、あまりにもかわいいイラストがあったので思わず写真にとってしまいました。鐘楼の近くに並んでいる小さなギフトショップですが、中に入っているのはクッキーで、期待していなかったのですが味もなかなか美味しかったです(缶が欲しかったので自分用に購入)。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ブルージュのおみやげのイラストがかわいい。繰り返し使える缶は家のディスプレイにも。

その他のベルギーのご当地お土産は、このページを読んでみてくださいね。

ベルギーの定番おみやげ:都市別名産ガイド
ベルギーの有名都市には、オリジナルの名産があります。地方の歴史や文化とともに育まれた名産品を、ベルギーの思い出と一緒に日本に持ち帰ってみませんか? アントワープの名産 アン...

観光エリアとは違う静けさ

次は、こちらも世界遺産のベギン修道院です。現在も修道女たちが暮らす空間は、とても静かで穏やかな雰囲気にあふれていました。この写真は、そんな雰囲気もなんとなく伝わるように撮れたと思っています。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

ベギン修道院の静謐な空間

ベギン会修道院(ブルージュ)への行き方
ベギン会修道院では、ベネディクト派の修道女たちが現在でも宗教深い生活を営んでいます。中世のブルージュの建物の白い壁と、季節の花のコントラストが綺麗で、ブルージュに行ったら外せない...

その他の写真たち

最後に、決して有名ではないけれど、ブルージュに暮らす人々が見る、ふだんの街並みを撮ったものを幾つか掲載します。どれも有名な場所ではありませんが、観光地のブルージュでは「普通の住宅街エリアでも綺麗なんだなぁ」と強く印象に残りました。お庭や窓辺が綺麗に手入れされているのも、暮らす人たちの美意識が感じられて素敵です。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

このようなアーチがある通りを、ブルージュでいくつか見かけました。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

こちらはアーチだけでなく、馬の水飲み場まで。かわいい〜。しかも馬車が通る直前です。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

こんな家に住みたい。ドアの上にさりげなく犬がいる家。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

一般的な家もこんなに可愛いんです。

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

何気ない街並みだけど、まるで映画のセットのよう

ブルージュの美しさをたくさんの人に伝えたい。母娘の旅行写真より

愛の泉公園の白鳥たち。とても人になついていました。

個人旅行で「のんびり」ブルージュへ

ブルージュはブリュッセルと比較して、治安も良く、街がこじんまりとしているためほぼ徒歩ですべての見どころを回れます。ベルギー旅行というとまずブリュッセル…という方が多いですが、実はブルージュをメインにするのもかなりおすすめです!

旅の素人から始めた母娘が、個人旅行のために飛行機やホテルを手配する方法を初心者向けに書いています。ツアー旅行との比較もいろいろと書いているので、同じように個人旅行に興味がある方は是非読んでみてくださいね。

WRITER

BELPLUS編集部

BELPLUS編集部

BELPLUS(ベルプラス)は、ベルギー旅行が好きな母娘と、ベルギー現地在住者スタッフが共同で運営するサイトです。旅行に役立つ実体験ガイド記事のほか、現地長期滞在、留学生の方のための生活情報もお届けしています。(詳しいプロフィール