ベルギー個人旅行のすすめ

ベルギーは「個人旅行」で行くべき5つの理由

何度も母娘でベルギーを旅行した経験から、ベルギーは個人旅行でこそ最も楽しめる国だと思っています。ベルギーへの個人旅行には興味があるけど、どうしたらいいのかよくわからない...という方の背中を後押しするために、このページで個人旅行のメリットをあげてみました。

個人旅行って?

ベルギーへの旅行を計画中の方に、個人旅行をおすすめします。

個人旅行とは、航空券、ホテル、現地で何をするかをすべて自分で決める旅行のことです。

それとは逆に、JTBなどの旅行代理店で「航空券・ホテル込みツアー」を予約して、添乗員さんと一緒に行く旅を団体旅行(またはパッケージ旅行)といいます。個人旅行と団体旅行のもっと詳しい違いは、こちらのページで説明しています。

どちらも一長一短ありますが、何度も母娘でベルギーを旅行した経験から、ベルギーは個人旅行でこそ最も楽しめる国だと思っています。母娘だけでなく、老若男女、ひとり旅から家族連れまで、これほど個人旅行を楽しめる国は無いと思っています。

ベルギーへの個人旅行には興味があるけど、どうしたらいいのかよくわからない…という方のために、このページで個人旅行のメリットをあげてみました。

小さい国だから、はじめての個人旅行でも安心

images
ベルギーの大きさは、九州とほぼ同じです。その中でも、ブリュッセル、ブルージュ、ゲント、アントワープの4大観光都市はお互いに近い位置にあるため、電車で30分〜1時間以内に簡単に行くことができます

鉄道網が発達している国のため電車の本数も多く、これらの都市間を行き交う電車は平均して30分おきに運行しています。これは、国が広いアメリカやオーストラリアとは大きな違いです。また、市内もメトロ・トラム・バスが発達しているため、自分で行きたいところを自由に見て回ることができます。

また、初心者でも簡単にできるのが、パリルクセンブルグ、オランダのアムステルダム、ドイツのケルンといった「おとなりの国への日帰り旅行」。いずれもベルギーから電車で1~3時間で行けます。電車での移動が不安な場合は、ブリュッセル発の日帰りバスツアーなどもあります。

ベルギーから隣の国へは電車やバスで1~3時間以内です。
ベルギーから隣の国へは電車やバスで1~3時間以内です。

中上級者なら他の国と組み合わせて楽しめる

個人旅行に慣れている方には、ヨーロッパの中心であるベルギーの地の利を生かした、ベルギー発着のヨーロッパ周遊旅行がおすすめです。一見遠いようなイギリス・ロンドンへも高速電車でたった2時間で行けますし、他にも、イタリア、オーストリア、スペイン、ノルウェー、トルコなどいろいろな都市に、ヨーロッパの格安航空会社を使って行くことができます。

ハネムーンにもおすすめ
ベルギーからベネチアに行くときに見たカップル。結婚式の直後?

個人で楽しめるアクティビティがたくさん

ベルギーの旅の醍醐味は街歩きや美術館めぐり。特に美術館は、自分のペースでじっくり回れる個人旅行が特におすすめです。マグリット、ルーベンスだけでなく、同じシュールレアリズムのデルヴォーや、仮面のコレクションで有名なアンソールなど、ゆっくり時間をとって美術を堪能できます。

また、私は母娘の旅なので基本は二人きりですが、スケジュールにちょっと変化をつけたいときは、一人からでも気軽に参加できるベルギービールカフェめぐりやグルメツアーを利用します。英語には自信がありませんが、勇気を出して英語のツアーに参加して、世界中から集まった旅行者と一緒に話したり写真を撮ったりして、日本ではできない思い出を作っています。

ショコラティエめぐり付きのチョコレート手作りツアーも
ショコラティエめぐり付きのチョコレート手作りツアーも

個人旅行ならではのプライベートツアーも豊富

ブルージュへは食事付きのツアーもあります。運河クルーズチケット込み
ブルージュへは食事付きのツアーもあります。運河クルーズチケット込み
個人旅行だからといってなんでも自分だけでやる必要はありません。私のおかんのようにしっかり美術作品を見たいという人には、個人でも頼めるプライベートのガイドツアーもいろいろあります。他にも、団体ツアーじゃないと申し込みができなさそうなブリュッセル空港からホテルへの送迎も、日本語で個別に頼むことができます。家族や友人とのグループでゆっくり回りたい方や、お子様連れのファミリーなど、すべての方におすすめできます。現地日本人ガイドの方は美味しいお店もよく知っているので、とっておきのレストラン情報も聞くことができます。

やっぱり個人旅行は費用がお得

最後に、気になる旅行費用のことです。
一般的に、団体旅行に参加する場合は、旅行代理店で飛行機やホテルの予約や、現地のレストランの手配までやっていただきます。とても便利でありがたいものですが、その一つ一つには手数料が加算されています。つまり、私たち旅行者は、便利なサービスをお金を出して購入しているとも言えます。

私のおかんが若かったころ=インターネットが普及してなかった頃は、彼女曰く、自分で海外旅行を手配するのは考えられませんでした。、今は航空券ホテルはもちろんのこと、上にあげたようなベルギーで参加できるツアーなども、日本語で予約できる便利なサービスがあります。そして、自分で予約すれば手数料はかかりません。手数料は全体の旅行代金からみるとわずかな金額かもしれませんが、そのお金で少しいいレストランに行ったり、ホテルのグレードをあげるなど、旅の楽しみが広がります。

ナミュールのさらに向こうまで見渡せます。
一人旅で行ったナミュールの風景。

最後に

最後に、私の勝手な意見ですが、私は「旅行を自分で作る」実感を味わえるのが個人旅行の一番の醍醐味だと思っています。
旅行中は確かに不安も多いですが、流されるように過ぎる団体ツアー旅行と違い、日本では感じられない適度な緊張感があります。旅行中もいろいろな出会いがあり、そして、旅行が終わりに近づくころには、母娘でホテルの部屋で「もう終わりなんだ…」としんみりするくらいの充実感があります。最後に写真をアルバムにして、家に来た人たちに見せる時も、旅行中のいろいろな思い出話が弾みます。

ベルギー旅行をお考えの方は、ぜひ個人で行くことも考えてみてください。

今読まれている記事

今だけ!ブリュッセルで割引中のホテル一覧

Booking.com
More from ベルギー個人旅行ガイド 続きを読む