オランダとベルギーの違いについて思うこと
オランダとベルギーの違い

実際に行ってみて感じた、オランダとベルギーの違い

何度もベルギーとオランダに行く中で感じた。オランダとベルギーの違いについて思うことを、ややベルギー寄りの目線で書いています。

友人のビジネス出張に合わせてベルギーに行き、彼女の仕事先のデン・ハーグにも一緒について行きました。

デン・ハーグの駅。綺麗!ゴミ落ちてない!というのが最初の印象
デン・ハーグの駅。近代的で綺麗!というのが最初の印象

なかなか観光では行く機会がありませんが、デン・ハーグはオランダの王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれている、ヨーロッパの歴史的にも重要な都市。これまでにも、アムステルダムマーストリヒト、そしてクリスマスマーケットで有名なファンケンブルグなどのオランダの様々な都市を訪れましたが、同じオランダ語という言語を共有する隣同士の国であることから、これまであまり二つの国の違いは気になりませんでした。

ですが今回、観光客が少ないエリアのデン・ハーグのカフェで彼女の仕事が終わるのを待たなければならず、あらためてベルギーとオランダの違いについて考えてみたところ、自分でもいろいろと気がつくことがあったので、書いてみようと思いました。あくまでも個人的な意見です!

ベルギーのカフェとオランダのカフェの違いはすぐにわかりました...ベルギービールがメニューの端に追いやられてます
ベルギーのカフェとオランダのカフェの違いはすぐにわかりました…オランダでは、ベルギービールがメニューの端に追いやられてます

オランダ人、オープンすぎ

ヘンプ博物館など、全方向になんでもオープンすぎるのがオランダの魅力
大麻(マリファナ)博物館など、全方向になんでもオープンすぎるのがオランダの魅力

ベルギー人とオランダ人の違いとして一番感じるのがこれでした。ベルギー人のほうがどちらかというと控えめで、日本人に近いメンタリティを持っていると思います。ですがオランダでは、みんな自分の意見をはっきり言い、「え、自分の事そこまで話すの?」と思うくらいフレンドリーにあれこれ話します。

パーティーなど、初対面の人が集まる場所で会話がしやすいのは圧倒的にオランダ人。ノーと言えない典型的な日本人の私には、オランダ人の、好きなものは好き、嫌いなものは嫌い!とはっきり意見できる態度が眩しすぎました。そして皆が皆がそうなので、自分が好きなものを嫌いだとを主張する人に対しても「あ、そうなんだ」とニュートラルに受け入れられているのも面白かったです。

オランダの美味しいものって…何?

アムステルダムで見つけた「オランダ一のフライドポテトの店」の名前はベルギー名物小便小僧
アムステルダムで見つけた「オランダで1番のフライドポテトの店」の名前は、ベルギー名物小便小僧

デン・ハーグで「この辺の美味しいレストランはどこですか?」と聞いたところ、薦められたのが2件ともインドネシア料理のお店でした(美味しかったです)。オランダにもチーズやタルトなど美味しいものがたくさんあるのですが、有名なのがニシンの酢漬けのサンドイッチなど、「ニシンはやっぱりご飯と食べたいなぁ」と思ってしまう日本人にはあまり人気がでないのかもと思いました(実際に食べてみましたが、実は美味しかったです!)。

名物料理に限らなければ、ベルギーと同様世界各国のレストランがあるのですが、それと同じくらい目に付いたのがコロッケやハンバーグなどの軽食を売っている自動販売機。日本の自動販売機と同様、駅前や観光地にも並んでいます。ベルギーでは飲み物以外にはパンの自動販売機くらいしか見たことがなかったので新鮮でした。ゆっくり美食を楽しむというよりも、栄養があるものを短時間でささっと食べるほうがオランダのスタイルなのかもしれない、と思いました(ちなみに自動販売機で売っていたコロッケも美味しかったです)。

オランダの道や建物が綺麗(cleanの意味で)

オランダおみやげのミニワッフル。これを買ったスーパーもきちんと整頓されていました。
オランダおみやげのミニワッフル。これを買ったスーパーもきちんと整頓されていました。

ベルギーは、中世からの古い石畳やアールヌーヴォー様式の優美な建物が魅力ですが、メトロの車両に落書きがあったり、ホームにゴミが散らかっていたりなど、特に駅周辺は「古いからちょっとくらい汚れててもいいと思ってるのかな…?」と疑わしくなるところもあります。

その点オランダは、どこに行っても全然ゴミが落ちておらず、建物や電車・バスなどの公共機関もピカピカ。特に駅やスーパーなど、散らかりそうな公共の場がきちんと掃除され、整理整頓されているところは驚きました。

身長も違わないようで違う

オランダ人はやっぱり身長が高い
オランダ人はやっぱり身長が高い

ベルギーもオランダも平均身長が高い国として知られていますが、それでもベルギーからオランダへ行った時に、周りの身長がさらに高くなったことを(見下ろされる目線で)実感しました。大きく違うというわけではありませんが、女性も男性も、頭半個分高くなった印象。オランダの立食パーティーでは埋もれないようにするのに一苦労でした(身長が高い女性も平気でヒールを履くので、私たちは完全に囚われた宇宙人状態になっていた…と思います)

関連するおすすめ本

ヨーロッパの国民性について比較した本は日本でもたくさん出ていますが、私のような個人的な経験に基づく感想ではなく、ニュースという揺るぎない事実から各国の気質を分析した面白い本です。ベルギー・オランダだけでなく、ヨーロッパの小さな国まで網羅しているので、ヨーロッパ周遊の前に読むと役立ちます。

今読まれている記事

今だけ!ブリュッセルで割引中のホテル一覧

Booking.com
More from ベルギー個人旅行ガイド

ブルージュとゲント、どっちに行くべき?

ベルギーの2大観光都市、...
続きを読む